So-net無料ブログ作成

18-19 UEFA CL イタリア勢の足跡(第6回) [UEFA CL]

・決勝トーナメント1回戦結果の巻

4年ぶりに帰ってきました
FANTASISTA恒例?
UEFA CLイタリア勢の動向を
追いかけ足跡を残す企画。

ローマ×FCポルト(ポルトガル)
(2試合合計3-4でポルト勝利)

ACミランを中心に見ていると
VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)
に対する是非の「是」と
思うことが多いですが

欧州戦線で戦うイタリア勢は
この試合のローマだけでなく
VAR判定に悔し涙ポロリする
ケースが多かった気がします。

新星ザニオーロの躍進と
主将デ・ロッシ途中退場と
監督更迭など全部まとめて
過渡期な印象が残りました。


A・マドリード(スペイン)×ユヴェントス
(2試合合計2-3でユヴェントス勝利)

1stleg 2-0でアトレチコが勝利したとき
監督のシメオネが股間を握り「根性」を
示しましたが結果は約250万円の罰金と
選手を萎縮させたらしく2ndlegの
アトレチコイレブンは根性のかけらも
見えない「ヘタレチコ」に変貌していました。

トリプレッタ(ハットトリック)を決めて
大逆転勝利の立役者となった
クリスティアーノ・ロナウドは
股間パフォーマンスの意趣返しで
ピッチの内外で千両役者ぶりを発揮。

2018-19 UEFA CL
ベスト8進出クラブ
アヤックス(オランダ)
バルセロナ(スペイン)
ユヴェントス(イタリア)
リヴァプール(イングランド)
マンチェスターシティ(イングランド)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
FCポルト(ポルトガル)
トッテナム・ホットスパー(イングランド)

イタリア・セリエA 2018-19
第27節終了時順位
=01:勝点75 ユヴェントス(CL)
=02:勝点57 ナポリ(CL→EL)
=03:勝点51 ミラン(EL敗退)
=04:勝点50 インテル(CL→EL)
--------------------【CL】
=05:勝点47 ローマ(CL敗退)

リーグ戦同様CLもユーヴェの
独壇場となり記事タイトルも
「イタリア勢の足跡」から
「ユヴェントスの足跡」へ変更を
余儀なくされそうな結果になりました。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

18-19 UEFA CL イタリア勢の足跡(第5回) [UEFA CL]

・GS全6節終了+決勝
トーナメント進出決定
ラウンド16組み合わせ決定の巻

4年ぶりに帰ってきました
FANTASISTA恒例?
UEFA CLイタリア勢の動向を
追いかけ足跡を残す企画。

参加クラブは以下のリンクから
▼グループB
インテル 1-1 PSV
バルセロナ 1-1 トッテナム

グループB順位
=1:勝点14 バルセロナ(+9)☆
=2:勝点8 トッテナム(-1)☆
---------------【決勝T】
=3:勝点8 インテル(-1)
=4:勝点2 PSV(-7)
☆は決勝T進出決定

▼グループC
ツルヴェナ・ズヴェズダ 1-4 パリ・サンジェルマン
リヴァプール 1-0 ナポリ

グループC順位
↑1:勝点11 パリ・サンジェルマン(+8)☆
↑2:勝点9 リヴァプール(+2)☆
---------------【決勝T】
↓3:勝点9 ナポリ(+3)
=4:勝点4 ツルヴェナ・ズヴェズダ(-12)?
☆は決勝T進出決定

▼グループG
レアル・マドリード 0-3 CSKAモスクワ
ヴィクトリア・プルゼニ 2-1 ローマ

グループG順位
=1:勝点12 レアル・マドリード(+7)☆
=2:勝点9 ローマ(+3)☆
---------------【決勝T】
↑3:勝点7 ヴィクトリア・プルゼニ(-9)
↓4:勝点7 CSKAモスクワ(-1)
☆は決勝T進出決定

▼グループH
ヤングボーイズ 2-1 ユヴェントス
バレンシア 2-1 マンチェスター・U

グループH順位
=1:勝点12 ユヴェントス(+5)☆
=2:勝点10 マンチェスター・U(+3)☆
---------------【決勝T】
=3:勝点8 バレンシア(0)
=4:勝点4 ヤングボーイズ(-8)
☆は決勝T進出決定

イタリア勢からはユヴェントスと
ローマが決勝トーナメント進出

A・マドリード(スペイン)×ユヴェントス
ローマ×FCポルト(ポルトガル)
とラウンド16(BEST16)の組み合わせが決まりました。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

18-19 UEFA CL イタリア勢の足跡(第4回) [UEFA CL]

・GS5節の巻

4年ぶりに帰ってきました
FANTASISTA恒例?
UEFA CLイタリア勢の動向を
追いかけ足跡を残す企画。
参加クラブは以下のリンクから
11/27 開催
▼グループG
CSKAモスクワ 1-2 ヴィクトリア・プルゼニ
ローマ 0-2 レアル・マドリード

グループG順位
=1:勝点12 レアル・マドリード(+10)☆
=2:勝点9 ローマ(+4)☆
---------------【決勝T】
=3:勝点4 CSKAモスクワ(-4)
=4:勝点4 ヴィクトリア・プルゼニ(-10)

☆は決勝T進出決定

▼グループH
マンチェスター・U 1-0 ヤングボーイズ
ユヴェントス 1-0 バレンシア

グループH順位
=1:勝点12 ユヴェントス(+6)☆
=2:勝点10 マンチェスター・U(+4)☆
---------------【決勝T】
=3:勝点5 バレンシア(-1)
=4:勝点1 ヤングボーイズ(-9)

☆は決勝T進出決定

11/28 開催
▼グループB
PSV 1-2 バルセロナ
トッテナム 1-0 インテル

グループB順位
=1:勝点13 バルセロナ(+9)☆
↑2:勝点7 トッテナム(-1)
---------------【決勝T】
↓3:勝点7 インテル(-1)
=4:勝点1 PSV(-7)

☆は決勝T進出決定

▼グループC
パリ・サンジェルマン 2-1 リヴァプール
ナポリ 3-1 ツルヴェナ・ズヴェズダ

グループC順位
=1:勝点9 ナポリ(+3)
↑2:勝点8 パリ・サンジェルマン(+5)
---------------【決勝T】
↓3:勝点6 リヴァプール(+1)
=4:勝点4 ツルヴェナ・ズヴェズダ(-9)?

☆は決勝T進出決定

ユヴェントスとローマは
決勝トーナメント進出を
果たしました。

インテルとナポリは最終節での
戦いに命運を賭けますが
共にアウェイでの戦いなので
油断は禁物。

リーグ戦(セリエA15節)で
カリアリ相手に引き分けだった
ローマのディ・フランチェスコ監督に
解任の噂が出てきて思うことは

リーグ戦・カップ戦・大陸間の大会
といった過密なスケジュール全てで
結果を求められるプロサッカーの
世界ですが、それを満たす戦力を
有しているクラブがどれくらいあるのか?
と言うことでした。

タグ:UEFA CL
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

18-19 UEFA CL イタリア勢の足跡(第3回) [UEFA CL]

・GS4節の巻

4年ぶりに帰ってきました
FANTASISTA恒例?
UEFA CLイタリア勢の動向を
追いかけ足跡を残す企画。

参加クラブは以下のリンクから


▼グループB
トッテナム 2-1 PSV
インテル 1-1 バルセロナ

グループB順位
=1:勝点10 バルセロナ(+8)☆
=2:勝点7 インテル(0)
---------------【決勝T】
=3:勝点4 トッテナム(-2)
=4:勝点1 PSV(-6)

☆は決勝T進出決定

▼グループC
ツルヴェナ・ズヴェズダ 2-0 リヴァプール
ナポリ 1-1 パリ・サンジェルマン

グループC順位
↑1:勝点6 ナポリ(+1)
↓2:勝点6 リヴァプール(+2)
---------------【決勝T】
=3:勝点5 パリ・サンジェルマン(+4)
=4:勝点4 ツルヴェナ・ズヴェズダ(-7)?

▼グループG
ヴィクトリア・プルゼニ 0-5 レアル・マドリード
CSKAモスクワ 1-2 ローマ

グループG順位
=1:勝点9 レアル・マドリード(+8)
=2:勝点9 ローマ(+6)
---------------【決勝T】
=3:勝点4 CSKAモスクワ(-3)
=4:勝点1 ヴィクトリア・プルゼニ(-11)

▼グループH
バレンシア 3-1 ヤングボーイズ
ユヴェントス 1-2 マンチェスター・U

グループH順位
=1:勝点9 ユヴェントス(+5)
=2:勝点7 マンチェスター・U(+3)
---------------【決勝T】
=3:勝点5 バレンシア(0)
=4:勝点1 ヤングボーイズ(-8)



【Pick up GAME】
ユヴェントス 1-2 マンチェスター・U
1-0 65分 クリスティアーノ・ロナウド
1-1 86分 フアン・マタ
1-2 89分 オウンゴール(アレックス・サンドロ)

見逃し配信で後追い視聴しました。
スポーツニュースで先に見ていても
クリスティアーノのスーパーボレーは
改めて見る価値のあるシーンでした。

「勝敗の分岐点」と敗戦の将が語る
「ベルギーアフロ」フェライニ投入後の
フィジカルアタックは6月のトラウマが蘇る。

バルセロナの決勝トーナメント進出を
許したもののインテルが見せた意地や

Azzurri(イタリア代表)攻撃陣で
一人気を吐くインシーニェの
ゴールで首位に立ったナポリ

アウェイで逆転勝ちして
決勝トーナメントへ近づいた
ローマ等イタリア勢全体で見れば
好調をキープしている状態。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

18-19 UEFA CL イタリア勢の足跡(第2回) [UEFA CL]

・GS3節の巻

4年ぶりに帰ってきました
FANTASISTA恒例?
UEFA CLイタリア勢の動向を
追いかけ足跡を残す企画。

参加クラブは以下のリンクから
▼グループB
PSV 2-2 トッテナム
バルセロナ 2-0 インテル

グループB順位
=1:勝点9 バルセロナ(+8)
=2:勝点6 インテル(0)
---------------【決勝T】
=3:勝点1 トッテナム(-3)
=4:勝点1 PSV(-5)

▼グループC
リヴァプール 4-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ
パリ・サンジェルマン 2-2 ナポリ

グループC順位
↑1:勝点6 リヴァプール(+4)
↓2:勝点5 ナポリ(+1)
---------------【決勝T】
=3:勝点4 パリ・サンジェルマン(+4)
=4:勝点1 ツルヴェナ・ズヴェズダ(-9)?

▼グループG
レアル・マドリード 2-1 ヴィクトリア・プルゼニ
ローマ 3-0 CSKAモスクワ

グループG順位
↑1:勝点6 レアル・マドリード(+3)
↑2:勝点6 ローマ(+5)
---------------【決勝T】
↓3:勝点4 CSKAモスクワ(-2)
=4:勝点1 ヴィクトリア・プルゼニ(-6)

▼グループH
ヤングボーイズ 1-1 バレンシア
マンチェスター・U 0-1 ユヴェントス

グループH順位
=1:勝点9 ユヴェントス(+6)
=2:勝点4 マンチェスター・U(+2)
---------------【決勝T】
=3:勝点2 バレンシア(-2)
=4:勝点1 ヤングボーイズ(-6)

【Pick up GAME】
マンチェスター・U 0-1 ユヴェントス
0-1 17分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)

寝ながらDAZNしていたら
ディバラの先制点を見届けると
同時に寝落ちしたので
結果だけ見るとこのまま
終わったみたいですが

敗戦の将モウリーニョが絶賛した
キエッリーニ・ボヌッチコンビの
センターバック講義が
見られなかったのが残念

次世代のセンターバックと期待する
ミランのロマニョーリが
ミラノ・ダービーと
ELベティス戦などで心許ない
プレーを見せていることと

CL好調なイタリア勢ですが
攻撃陣では暫定Azzurri
(代表)10番ナポリの
インシーニェ一人
気を吐いている状況でして

イタリアカルチョ全体で見ると
最後方で屋台骨を支えている
CBコンビはまだ楽隠居できる
段階じゃ無いとインテル時代
トレブル(3冠)達成経験のある
モウリーニョの言葉で
証明された形となりました。

バルセロナ 2-0 インテル
1-0 32分 ラフィーニャ(バルセロナ)
2-0 83分 ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

ミラノ・ダービー劇的勝利の
イカルディ弾のお株を奪うかのような
アーリークロスをねじ込んだ
ラフィーニャ弾で先制すると同時に

押されながらも耐えていた
アウェイ・インテルを終始
劣勢に追い込みバルサが
点差以上の圧勝でした。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ