So-net無料ブログ作成
イタリアカルチョ(代表・連盟他) ブログトップ
前の5件 | -

イタリア×アメリカ(20181120) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:シリグ(トリノ)
DF:デ・シリオ(ユヴェントス)
DF:アチェルビ(ラツィオ)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)(C)
DF:エメルソン(チェルシー/イングランド)
MF:バレッラ(カリアリ)
MF:センシ(サッスオーロ)
MF:ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)
FW:キエーザ(フィオレンティーナ)
FW:ラザーニャ(ウディネーゼ)
FW:ベラルディ(サッスオーロ)

前半


後半
イタリア 1-0 アメリカ
1-0 90+4 ポリターノ

イタリアの選手交代等
46分 キエーザ→
グリフォ(ホッフェンハイム/ドイツ)
62分 ベラルディ→
ケーン(ユヴェントス)
76分 パレッラ→
ガリアルディーニ(インテル)
87分 ラザーニャ→
ポリターノ(インテル)

スーペル(SUPER)ポリターノ炸裂!!!

と、結果はさておき昨今
ヨーロッパで不要と叫ばれている
国際親善試合(フレンドリーマッチ)で
真剣勝負名目のUNLでは
出番が無かった新星達が
結果を出しました。

イタリア代表史上初西暦2000年代
生まれのモイゼ・ケーンを起用出来たのも
親善試合だからだったと思います。

こう言ったテストをする場だったり
新たな逸材が誕生する可能性も有り
頭ごなしに親善試合不要とは
言い切れない面が露わになりました。

飲酒運転発覚から再起を図る
ヴェッラッティの活躍や
交代出場で連携を見せた
インテルの二人ガリアルディーニと
ポリターノで決勝点を
アシスト→ゴールに繋げるなど
ケーンの他にも収穫が
あった試合になりました。

まあ、ハジメちゃんもそうだけど
この先、真剣勝負で使える人と
親善試合止まりで終わる人を
取捨選択するお仕事が
マンチーニ監督には残っていますが。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×ポルトガル(UNL 2018/11/17) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

U:UEFA
N:NATIONS
L:LEAGUE

イタリアのスタメン
GK:ドンナルンマ(ミラン)
DF:フロレンツィ(ローマ)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)(C)
DF:ビラギ(フィオレンティーナ)
MF:ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)
MF:ジョルジーニョ(チェルシー)
MF:バレッラ(カリアリ)
FW:キエーザ(フィオレンティーナ)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:インシーニェ(ナポリ)



前半


後半
イタリア 0-0 ポルトガル

イタリアの選手交代等
74分 インモービレ→
ラザーニャ(ウディネーゼ)
81分 ヴェラッティ→
ペッレグリーニ(ローマ)
87分 キエーザ→
ベラルディ(サッスオーロ)

イタリアはUNL全4試合を消化し
1試合を残しているポルトガルを
上回れなかったので終戦です。

キャプテンを務めたキエッリーニの
代表100試合出場の
メモリアルになった反面

会場がミラノのジュゼッペ・メアッツァ
だったのでミランからユヴェントスへ
帰還したボヌッチにブーイングが
浴びせられる低迷イタリアを象徴する
アンポンタンな出来事があったみたいです。

UNL リーグA
グループ3順位(全4試合)
=1:ポルトガル
3試合2勝1分 勝点7(+2)
=2:イタリア
4試合1勝2分1敗 勝点5(0)
=3:ポーランド
3試合1分2敗 勝点1(-2)

※1位は各グループ1位との
プレーオフに進出
(優勝賞品EURO出場権)
最下位(3位)はリーグBへ降格

ポルトガルのプレーオフ進出と
ポーランドの降格が決定

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年11月17日・20日イタリア代表 [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアサッカー連盟は9日、
UEFAネーションズリーグの
ポルトガル戦と国際親善試合の
アメリカ戦に向けた招集メンバーを発表した。

(中略)

イタリア代表は17日にポルトガルと、
20日にアメリカと対戦する。

▼GK
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)
サルバトーレ・シリグ(トリノ)

▼DF
クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
マッティア・デ・シリオ(ユヴェントス)
エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド)
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)

▼MF
ニコロ・バレッラ(カリアリ)
ステファノ・センシ(サッスオーロ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
サンドロ・トナーリ(ブレシア/イタリア2部)
マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ロベルト・ガリアルディーニ(インテル)
ジョルジーニョ(チェルシー/イングランド)

▼FW
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
ヴィンチェンツォ・グリフォ(ホッフェンハイム/ドイツ)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
ケヴィン・ラザーニャ(ウディネーゼ)
レオナルド・パヴォレッティ(カリアリ)
マッテオ・ポリターノ(インテル)

【内訳】(27名)
5:ユヴェントス
4:国外
3:カリアリ
2:ミラン
2:フィオレンティーナ
2:ローマ
2:サッスオーロ
2:インテル
1:トリノ
1:ブレシア
1:ラツィオ
1:ナポリ
1:ウディネーゼ

UNL(UEFAネーションズリーグ)は
2戦を残しトップに立っている
ポルトガルの動向次第で
自力優勝はないのですが

イタリアは勝利以外の結果が
出た時点で終了なので
ポーランドに他力本願する前に
自分たちのやることを
しっかりやらないといけない状況。

アメリカ戦はワールドカップ連続出場が
途切れた者同士という汚名返上が
ピックアップされる試合ですが
正直、今のアメリカ代表選手の
顔ぶれを私は知らない。

UNL リーグA 
グループ3順位(全4試合)
=1:ポルトガル
2試合2勝 勝点6(+2)
↑2:イタリア
3試合1勝1分1敗 勝点4(0)
↓3:ポーランド
3試合1分2敗 勝点1(-2)【降格】

※1位は各グループ1位との
プレーオフに進出
(優勝賞品EURO出場権)
最下位(3位)はリーグBへ降格

タグ:azzurri
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポーランド×イタリア(UNL 2018/10/14) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

U:UEFA
N:NATIONS
L:LEAGUE

イタリアのスタメン
GK:ドンナルンマ(ミラン)
DF:フロレンツィ(ローマ)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)(C)
DF:ビラギ(フィオレンティーナ)
MF:ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)
MF:ジョルジーニョ(チェルシー)
MF:バレッラ(カリアリ)
FW:ベルナルデスキ(ユヴェントス)
FW:インシーニェ(ナポリ)
FW:キエーザ(フィオレンティーナ)


前半

後半
ポーランド 0-1 イタリア
0-1 90+2 ビラギ

イタリアの選手交代等
80分 ベルナルデスキ
→ラザーニャ(ウディネーゼ)
84分 フロレンツィ
→ピッチーニ(バレンシア)


7連覇ユーヴェの守護神を
ブッフォンより禅譲した
シュチェスニーに対し
ユーヴェの後塵を拝す
セリエAのアタッカー陣が
シュートの剣林弾雨を
浴びせる様は
7年分の鬱憤を叩きつけ
鬼気迫るものがあったの
では無いかと思いました。

後半アディショナルタイムの
劇的弾スーペル(Super)
ビラーギ炸裂!!!で
辛勝したイタリアは首の皮
一枚繋がったと同時に

10日ミランのレジェンド
シェフチェンコ率いる
ウクライナにイタリアが
ドロー(引き分け)と
苦戦している時に

ミランを脱藩したA・シウヴァが
ポルトガル代表新エース候補に
名乗りを上げるかの如く
ドッピエッタ(2ゴール)を決め
ポーランドを叩きのめして
くれたお陰もあり?
ポーランドは連敗でリーグB
への降格が決まりました。

怪我で離脱したミラノのDF
2人(ロマニョーリ・ダンブロージオ)
に替わって追加招集された
ラザーニャとピッチーニが
勝利に貢献するなど
怖いくらい良い方向に
事が運びました。

この勝利を夭折した
ダヴィデ・アストーリに捧ぐ
(フィオレンティーナ背番号13)

UNL リーグA
グループ3順位(全4試合)
=1:ポルトガル
2試合2勝 勝点6(+2)
↑2:イタリア
3試合1勝1分1敗 勝点4(0)
↓3:ポーランド
3試合1分2敗 勝点1(-2)【降格】

※1位は各グループ1位との
プレーオフに進出
(優勝賞品EURO出場権)
最下位(3位)はリーグBへ降格

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×ウクライナ(2018/10/10) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ドンナルンマ(ミラン)
DF:フロレンツィ(ローマ)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)(C)
DF:ビラギ(フィオレンティーナ)
MF:ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)
MF:ジョルジーニョ(チェルシー)
MF:バレッラ(カリアリ)
FW:ベルナルデスキ(ユヴェントス)
FW:インシーニェ(ナポリ)
FW:キエーザ(フィオレンティーナ)



前半

後半
イタリア 1-1 ウクライナ
1-0 55分 ベルナルデスキ
1-1 62分 マリノフスキー

イタリアの選手交代等
57分 ベルナルデスキ
→インモービレ(ラツィオ)
70分 ヴェラッティ
→ボナヴェントゥーラ(ミラン)
78分 バレッラ・インシーニェ
→ペッレグリーニ(ローマ)
ベラルディ(サッスオーロ)
84分 フロレンツィ
→ピッチーニ(バレンシア)
88分 ビラギ→クリッシト(ジェノア)


5戦未勝利
ワールドユースで3位に入った
エヴァーニU-20や
上位に善戦・肉薄している
ディビアッジョのU-21辺りの
好景気な話とは一転して
マンチーニ率いるA代表だけ
お通夜な状況です。

紆余曲折の後セリエCに
辿り着いたかつてのファンタジスタ
カッサーノにダメ出しされる
小粒な代表選手達の
起爆材はどんなものなのでしょうか?

ミランの時と同様DFがブラインド
になり失点を喫したドンナルンマの
姿から「どんなもの」という
フレーズが浮かぶほど冗長です。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - イタリアカルチョ(代表・連盟他) ブログトップ