So-net無料ブログ作成

ミラン×ベティス(18-19 UEFA EL GL3節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:レイナ
DF:カラブリア
DF:サパタ
DF:ロマニョーリ(C)
DF:ラクサール
MF:バカヨコ
MF:ビリア
MF:ボナヴェントゥーラ
FW:カスティジェホ
FW:イグアイン
FW:ボリーニ



前半


後半
ミラン 1-2 ベティス
0-1 29分 サナブリア
0-2 55分 ロ・セルソ
1-2 83分 クトローネ

ミランの選手交代等
46分 ボリーニ・バカヨコ
→スソ・クトローネ
80分 ビリア→ベルトラッチ
90+4 カスティジェホ退場

再三再四書いていますが
ミッドフィールドを制圧しないと
こういった強豪と渡り合うのは
難しいです。

中盤が心許ないので
必然的にディフェンス陣が
前掛かりになってラインの裏を
あっさり取られるお粗末さんな
結果が繰り返される。

クラレンス・セードルフ
スーペル・ピッポを早々に
更迭し、現在の監督
リンギオ・ガットゥーゾに
解任の噂が出るなど
2000年代グランデ・ミラン
メンバーの監督キャリアに
傷を付けるだけでは
飽き足らないのか?

90年代のLEGEND
ロベルト・ドナドーニを
次期監督に招聘する
噂が出るなど改善する
ポイントが(違う違う)
「そうじゃない」の一言に尽きる。

ユーヴェを欧州2位まで牽引した
マッシミリアーノ・アッレグリですら
どうにもならなかったミランは
監督を変える云々が
解決策じゃ無いことは
素人目でもわかる。

18-19 UEFA EL
グループF順位表
1:勝点7 ベティス(+4)
2:勝点6 ミラン(+2)
---------------【決勝T】
3:勝点4 オリンピアコス(0)
4:勝点0 デュドランジュ(-6)
(※3節終了時点)

nice!(0) 

nice! 0