So-net無料ブログ作成

20180921 B'z LIVE-GYM 雑記 [Pastime]

2018年9月21日(金)
味の素スタジアムで行われました
fantasista2374.jpg
B'z LIVE-GYM Pleasure 
2018 -HINOTORI-を
見に行ってきました。

オープニング映像:
歴代ライブ映像ダイジェスト

01:ultra soul
02:BLOWIN'
B'zのLIVE-GYMにようこそー!

03:ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
04:TIME
05:love me,l love you
・【1st Quarter】
ついにこの日を待ちわびた高揚感に
過去のライブ映像が燃料を注ぎ
そこで鳴った「ultra soul」のイントロで
涙腺が緩む+胸が熱くなる

銀ベスト「Treasure」収録曲で
02:03:04:と畳みかけてくる中
金ベスト「Pleasure」の05で
最初の「Pleasure=快楽」
を得て1Q終了。


06:光芒
07:もう一度キスしたかった
08:恋心(KOI-GOKORO)
09:OH! GIRL
10:イチブトゼンブ
・【2nd Quarter】
デビュー30周年のこの年に
葛藤を歌う光芒(こうぼう)が
入っていたのが感慨深かったし
そこに初期の名曲「もう一度~」
のコンボで再び涙腺緩みタイム

一転してファン投票で収録曲を
決めた銀ベスト「Treasure」の
ファン投票1位恋心は歌う前に
サビの振り付けを稲葉さん自ら
レクチャーしてくれる特典付

対外フェスで結構歌われる
イチブトゼンブで前半戦終了


11:ZERO
12:星に願いを(TAKギターソロ)
~ALONE
13:LOVE PHANTOM 
~HINOTORI
~LOVE PHANTOM
・【3rd Quarter】
ZEROの間奏で稲葉さんを
ピンポイントで映すカメラマンと
イザコザが始まりカメラを
取り上げた稲葉さんが
映した被写体は木村拓哉さんでした。

大歓声が上がる中ZEROの
間奏ラップを二人で熱唱する
(「人のすることに文句ばかり付ける~」
の歌詞カードにないあの部分です)

演奏終了後、木村さんは
「30周年おめでとうございます。」
の言葉の後稲葉さんとはハグ
松本さんとは握手を交わし
颯爽と去って行きました。

木村さんに負けじのいい男集団
メンバー紹介の後松本さんの
ギターソロ「星に願いを」

松本さんが立っていた場所に
稲葉さんの演奏する
グランドピアノがせり出し
ALONEが始まり一番途中まで
松本さんがピアノの上で仁王立ち

30周年インタビューの一環で
(続編やアンサーソングではない)
女性目線でLOVE PHANTOMの
世界観を踏襲した新曲
HINOTORIの一部をメドレー方式で
LOVE PHANTOM の2番に
組み込まれ歌われる。

最後はLOVE PHANTOMに
扮した稲葉さんがステージ上方に
上り、ステージ下へダイブする
伝説のシーンが再現され
涙腺が崩壊し3Q終了。


14:Real Thing Shakes
15:juice
16:BAD COMMUNICATION
17:Pleasure 2018 -人生の快楽-
【4th Quarter】
Spirit LOOSEツアーで使われた
カーチェイスのムービーから
Real Thing Shakesを一番だけ

juice間奏のコール&レスポンスで
NATIVE DANCE(千手観音みたいな
あの踊り)と太陽のKomachi Angel
(Angelやyeah!yeah!)が取り入れられる

ジュース缶を模したバルーンが
客席上空をいくつもさまようが
見た目の大きさに臆し強く
弾いてしまうため結局一回も触れず

BAD COMMUNICATIONの
高揚感から本編最後に
演奏されたPleasure 2018

Pleasureツアー毎に
2番のAメロが改変され
原曲91の「あいつ」は

「忘れた頃にかかってきた
電話で悟ったようにあいつも
誰かのために生きる喜びを
今さらながら知ったと言った」

紆余曲折を経てこのような
心境に達したらしい
これにて4Q(本編)終了

アンコール
18:Brotherhood
19:愛のバクダン
20:RUN
せーの、お疲れ―!

【Encore】
・会場最後方から登場し
陸上トラックを練り歩いた後
後方ステージに登場

松本さん「あなたたちが我々の
PleasureでTreasureです。」

稲葉さん「30年前、デビューしてよかった。」
謝辞を述べた後Brotherhood熱唱

曲の途中で再び陸上トラックを
練り歩きメインステージ上がった後
残り2曲を歌い上げました。

最後のRUNが始まるとき
fantasista2375.jpg
感謝の文字が刻印された
テープが飛んできました。


【寸評】
B'z LIVE-GYMで不定期に
行われる「Pleasureツアー」

あの(ドラマや映画など)主題歌
あのCMタイアップ曲
オリコンチャートを賑わせた曲
ファンならずともお馴染みの曲を
セットリストに散りばめるので
ファンの気持ちの高ぶりは
まさに「半端ないって!」という
表現がピッタリのライブです。

奇しくもこの日(9月21日)は
「だからその手を離して」で
デビューした1988年9月21日から
ちょうど30周年の記念日でした。

恥ずかしながら4枚目のアルバム
「RISKY」からファンになった
RISKY新規の自分は
今日の今日までB'zのデビュー日を
頭にインプットしないで生きてきました。

9/23の稲葉浩志さん誕生日付近に
今回みたいなツアーファイナルが
組まれるとファンクラブに入っていても
落選だったり今回みたいに
SS席申し込み多数でS席振り替えに
なる真の理由が分かりました。

今年初頭に行われた
「DINOSAURツアー」のMCで
「DINOSAURは恐竜の
意味と同時に「時代遅れ」みたいな
意味もあり30年もやっていれば
いろいろ言われることもありますが
自分たちがこうやっていきたい
信念はしっかり持ち続けていきたい」

という言葉に対しての
アンサーツアーが
この「Pleasureツアー」だったと
思ったのがライブ全体を
通しての第一印象でした。

30年の活動を通して当時とは
違う歌い方・声の出し方を
工夫している場面が多く
見受けられたのが上記の
イメージに直結しました。

nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0