So-net無料ブログ作成

ミラン×トリノ(17-18 第14節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ
DF:サパタ
DF:ボヌッチ(C)
DF:ロマニョーリ
MF:ボナヴェントゥーラ
MF:ケシエ
MF:スソ
MF:モントリーヴォ
MF:R・ロドリゲス
FW:A・シルヴァ
FW:カリニッチ


前半

後半
ミラン 0-0 トリノ

ミランの選手交代等
71分 ボナヴェントゥーラ
→チャルハノール
77分 カリニッチ
→クトローネ

 【公式DJ】
AC Milan Official
You Tube Channel

14節目にしてようやく
基本陣形が出来上がりました。
(本来はこれで開幕戦を
迎えているのが理想)

スソは右からのパス
ドリブルで崩す役。

モントリーヴォ(ビリア・
ロカテッリ)とケシエで
真ん中を固め

ボナヴェントゥーラと
チャルハノールで
前線への橋渡し

カリニッチとA・シルヴァは
役割分担を明確に。

相手の足が止まったところに
スーパーサブでクトローネの
裏抜け作業

これを基本線にひたすら
連係練度を高めるしかない

人口総数新宿区以下の
国が連係練度を研ぎ澄ませて
世界大会へ出場出来る
事例があるのだから。

---ここまでは昨日の試合
終了直後に書いた部分---

モンテッラが解任され
プリマベーラ(下部組織)の
ガットゥーゾが繰り上げで監督。

昨シーズンまでの移籍金ゼロや
フリーエージェントを寄せ集めた
烏合の衆ならまだしも
これだけ大金掛けて
かき集めたメンバーなら

理想は開幕直後の8月最後
遅くても6節(9月最後)までに
整えて欲しかった布陣を

14節にしてようやく整えたとしても
あれだけ押し込んだトリノ戦で
スコアレスでは致し方なしかと。

監督一人ですぐに
変わるものではないので
ガットゥーゾ指揮下で
ひたすら連係練度を
高めてください。

Forza!!! Milan
(頑張れ!!!ミラン)

ACミランの2017-18
シーズン成績
14試合 6勝2分6敗 勝点20

「2017-18 ミランセリエA全日程」

【News&Topics】
イタリア人ジャーナリストが
W杯予選敗退の原因を
アンケート調査していましたが

ユヴェントス=Azzurri(イタリア代表)
の強固なDFを形成していた

B:ボヌッチ
B:バルザーリ
C:キエッリーニ
が袂を分かつ原因を作った

ベロッティのトリノユニを着た
ボヌッチ息子の幼心に
マジギレしSNSを炎上させた
ユーヴェアホーター(あえてこう呼ぶ)と

八百長・人種差別・乱暴狼藉を
是正しようとしないイタリアサッカー界への
「天網恢々疎にして漏らさず」の2つ。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ミラン×オーストリア・ウィーン(17-18 EL GL5節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ
DF:ムサッキオ
DF:ボヌッチ(C)
DF:サパタ
MF:ボリーニ
MF:ケシエ
MF:チャルハノール
MF:ビリア
MF:R・ロドリゲス
FW:A・シルヴァ
FW:クトローネ

前半


後半
ミラン 5-1 オーストリア・ウィーン
0-1 21分 モンスチェイン
1-1 27分 R・ロドリゲス
2-1 36分 A・シルヴァ
3-1 42分 クトローネ
4-1 70分 A・シルヴァ
5-1 90+3 クトローネ

ミランの選手交代等
64分 R・ロドリゲス→アントネッリ
74分 ボリーニ→ロカテッリ
80分 ボヌッチ→G・ゴメス

 【公式DJ】
AC Milan Official
You Tube Channel

2戦合計1-0でスイスを
W杯に導いた虎の子の
一点を決めたRRが
不発弾にならず
着火したのでまず一安心
(次は頼むよカリニッチ)

格下ELで大噴火する
A・シルヴァは給料に見合った
働きをして貰うため
強豪ひしめくリーグ戦
(セリエA)で起用してほしい。

カリニッチのポストプレーを
生かせる質の良いパスが出せる
スソが怪我で離脱した
今だからこそ攻撃のオプションを
増やすチャンスだと捉えたい。

ELはこれでベスト32進出を
決めましたが、リーグ戦以上の強敵
CL3位敗退組がELに流れてくるので
これらに対抗するためにも
攻撃のオプション含め
戦力の大幅アップが望まれる。

支払った高額の移籍金に
見合う能力が開花すると願って。

Forza!!! Milan
(頑張れ!!!ミラン)

17-18 UEFA EL 
グループD
第5節終了時順位
=1:勝点11 ミラン(+9)【確】
=2:勝点7 AEKアテネ(+1)
----------------(ベスト32進出)
↑3:勝点4 リエカ(-3)
↓4:勝点3 オーストリア・ウィーン(-7)

【News&Topics】
事件日時付近のログを調べてみたら
控えベンチ塩漬けでやさぐれて
不摂生が体型に現われた上に
髪の毛を逆立てていたことから
「デ〇ワ」と呼んでいた時期と符合
(ヤバイヨーヤバイヨー)
DS時代の「初任給」を
未だ手元に置いているという
都市伝説が流れる
同じブラジル人の
リッキー・カカと比較すると

意識と程度と志の高低で
応援対象の取捨選択を
することが是と思わせてくれる。

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

17-18 セリエA 13節の結果と順位 [セリエA(SerieA)]

2017-18セリエA参加クラブ
(昨シーズン順位で記載)
01:JUVENTUS(ユヴェントス)
02:ROMA(ローマ)
03:NAPOLI(ナポリ)
04:ATALANTA(アタランタ)
05:LAZIO(ラツィオ)
06:MILAN(ミラン)
07:INTER(インテル)
08:FIORENTINA(フィオレンティーナ)
09:TORINO(トリノ)
10:SAMPDORIA(サンプドリア)
11:CAGLIARI(カリアリ)
12:SASSUOLO(サッスオーロ)
13:UDINESE(ウディネーゼ)
14:BOLOGNA(ボローニャ)
15:CHIEVO VERONA(キエーヴォ・ヴェローナ)
16:GENOA(ジェノア)
17:CROTONE(クロトーネ)
18:■SPAL(スパル)
19:■HELLAS VERONA(エラス・ヴェローナ)
20:■BENEVENTO(ベネヴェント)
(■セリエBからの昇格組)

17-18 セリエA 13節の結果

ローマ 2-1 ラツィオ

ナポリ 2-1 ミラン

クロトーネ 0-1 ジェノア

ベネヴェント 1-2 サッスオーロ

サンプドリア 3-2 ユヴェントス

SPAL 1-1 フィオレンティーナ

トリノ 1-1 キエーヴォ

ウディネーゼ 0-1 カリアリ

インテル 2-0 アタランタ

ヴェローナ 2-3 ボローニャ

【Topics】

イタリア・セリエA 2017-18
第13節終了時順位
=01:勝点35 ナポリ
↑02:勝点33 インテル
↓03:勝点31 ユヴェントス
↑04:勝点30 ローマ*
--------------------【CL】
↓05:勝点28 ラツィオ* 
--------------------【EL】
=06:勝点26 サンプドリア*
=07:勝点19 ミラン
=08:勝点18 トリノ
=09:勝点17 フィオレンティーナ
↑10:勝点17 ボローニャ

=11:勝点17 キエーヴォ
↓12:勝点16 アタランタ
↑13:勝点15 カリアリ
↓14:勝点12 ウディネーゼ*
=15:勝点12 クロトーネ
↑16:勝点11 サッスオーロ
↓17:勝点10 SPAL
--------------------【降格】
=18:勝点9 ジェノア
=19:勝点6 ヴェローナ
=20:勝点0 ベネヴェント

*は1試合未消化

次節(14節)対戦予定
ボローニャ×サンプドリア
キエーヴォ×SPAL
サッスオーロ×ヴェローナ
カリアリ×インテル
ジェノア×ローマ
ミラン×トリノ
ウディネーゼ×ナポリ
ラツィオ×フィオレンティーナ
ユヴェントス×クロトーネ
アタランタ×ベネヴェント

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ナポリ×ミラン(16-17 第13節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ
DF:ムサッキオ
DF:ボヌッチ(C)
DF:ロマニョーリ
MF:ボリーニ
MF:ケシエ
MF:ロカテッリ
MF:モントリーヴォ
MF:ボナヴェントゥーラ
FW:スソ
FW:カリニッチ


前半


後半
ナポリ 2-1 ミラン
1-0 33分 インシーニェ
2-0 73分 ジエリンスキ
2-1 90+1 ロマニョーリ

ミランの選手交代等
45+3 スソ(負傷)→A・シルヴァ
77分 ボリーニ→アバーテ
85分 モントリーヴォ→ビリア

 【公式DJ】
AC Milan Official
You Tube Channel

W杯予選敗退後の結果論で
一番大きなノイズだった
「アイツを使っておけばよかった」
ロレンツォ・インシーニェに
ゴールを許してしまい
ミランやイタリアの失政を
証明してしまったのが残念。
(インシーニェはこの後CLでも
ゴールを決め泣きっ面に蜂)

母国のW杯PO突破に
大きく貢献したのに
ミランのユニフォームを
着た途端、しけた火薬に
なったカリニッチに喝!!!

Forza!!! Milan
(頑張れ!!!ミラン)

ACミランの2017-18
シーズン成績
13試合 6勝1分6敗 勝点19

「2017-18 ミランセリエA全日程」

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×スウェーデン(2018年W杯 PO2nd leg) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:フロレンツィ(ローマ)
MF:ジョルジーニョ(ナポリ)
MF:パローロ(ラツィオ)
MF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
FW:ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)
FW:インモービレ(ラツィオ)

2017年11月10・13日 イタリア代表


Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

イタリア 0-0 スウェーデン
(2戦合計 0-1でスウェーデンが
ワールドカップ本大会出場)

イタリアの選手交代等
63分 ダルミアン+ガッビアディーニ
→エル・シャーラウィ+ベロッティ
76分 カンドレーヴァ→ベルナルデスキ

イタリアは1958年大会以来
60年ぶりに本大会出場を
逃す結果となりました。

早速「結果論」でアレコレ語られ
後日談でもっと色々な物が
出てくると思うので
「鉄は熱いうちに打て」
ではないですが
今現時点で思った事を
さっと書くに留めます。

まず「世代交代」問題
負けてから即ベテラン偏重が
叫ばれていますが

GKが39歳のジャンルイジ
(ブッフォン・ユヴェントス)
ではなく18歳のジャンルイジ
(ドンナルンマ・ミラン)

DF36歳バルザーリ(ユヴェントス)が
(今回の代表には招集されていませんが)
21歳ロマニョーリ(ミラン)だったり

MF34歳デ・ロッシ(ローマ)が
19歳ロカテッリ(ミラン)だったら
あっさり「経験不足」の一言で
終わってしまうと思いますので
大声出して騒ぐこともないかと。

こんな素人ブログでも
6連覇(7連覇挑戦中)の
ユヴェントスがCL決勝で
バルセロナやレアル・マドリードに
完敗してしまうことを
代表チームでもイタリアが
スペインに勝てないと結びつけて
結果論で語ることができますし

バルサに叩きのめされた
14-15シーズンファイナルから
これからは基礎能力が低い
クラブ・代表は苦戦するという
兆候を示唆したりしましたが

いずれにしろ結果が
出てからじゃないと
次に以降しづらいのは
サッカーに限らないので
この予選敗退から
どう変わっていくか?が
問題だと思います。

昨今のサッカーを見て思うのは
戦術が画一され、スウェーデンの
高さ・固さみたいな武器を
イタリア(その他の国)も備えることが
必要なのでは?ということでした。

日本では60年(還暦)という
干支が一周し生まれ変わる
みたいな慣わしがあるので
この機会に生まれ変わった
Azzurri(イタリア代表)を
見せてくれたらなと思います。

約四半世紀の間に
地元開催で3位(1990)
PK戦で敗北し準優勝(1994)
POで勝利し本大会出場(1998)
PK戦で勝利し優勝(2006)
POで敗退し本大会不出場(2018)

ワールドカップの喜怒哀楽を
全てを見せてくれた
イタリア代表が世界中の
サッカーファンを魅了するのは
必然だと思いますし
本大会に出場出来ず
見られないのが残念です。

最近は、ながら見・寝落ち・
録画・再放送補完が
当たり前になってきていたので
この機会に肩の力を抜いて
サッカーを見るスタイルに
切り替えようと思います。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
17試合 10勝4分3敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ