So-net無料ブログ作成
検索選択
イタリアカルチョ(代表・連盟他) ブログトップ
前の5件 | -

イタリア×リヒテンシュタイン(2018年W杯予選・6節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ペッレグリーニ(サッスオーロ)
MF:インシーニェ(ナポリ)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)

「2017年6月7日・11日 イタリア代表26名」


イタリア 5-0 リヒテンシュタイン
1-0 35分 インシーニェ
2-0 52分 ベロッティ
3-0 75分 エデル
4-0 83分 ベルナルデスキ
5-0 90+1 ガッビアディーニ

イタリアの選手交代等
60分 カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
66分 インモービレ
→エデル(インテル)
75分 ベロッティ
→ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

スペインとの得失点差を
意識しすぎたのか?
気負いすぎて空回りし
なかなかリヒテンシュタイン
のゴールを割ることが
出来ませんでした。

打開の狼煙を上げたのは
親善試合の対ウルグアイ戦から
好調をキープしていた
インシーニェで、彼の右足から
生まれた先制点でようやく
イタリアは起爆しました。

ウルグアイ戦での記事で
攻撃のバリエーションが
ことごとくフィットしたと
曖昧な表記で
お茶を濁しましたが

細かく表記すると
一番に上がるのが
インシーニェの繰り出す
パス・シュート・ドリブル等の
縦横無尽なプレーで

その次が途中から
投入された選手達が
ゴールやアシストに
関与したことが
結果的に2戦連続で
劇的な勝利の方程式に
なった気がしますが

好不調関係なく
ヴェントゥーラ監督が
決めたプランを粛々と
遂行している賜物だと
考える方が妥当だと思いました。

この戦法が熟成すると
この先のAzzurri(イタリア代表)
への期待が高まるの
ではないでしょうか?

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

グループG 6節 その他の結果
マケドニア 1-2 スペイン
イスラエル 0-3 アルバニア

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
6節終了時順位
=1:勝点16 スペイン(+18)
------------------(本戦出場)
=2:勝点16 イタリア(+14)
------------------(プレーオフ)
↑3:勝点9 アルバニア(-1)
↓4:勝点9 イスラエル(-3)
=5:勝点3 マケドニア(-5)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-23)

順位表参考文献
(Uefa.com)
(順位表全体)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
11試合 9勝2分1敗

戦績ログ


続きを読む


nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×ウルグアイ(2017/06/07) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ドンナルンマ(ミラン)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:デ・ロッシ(ローマ)(C)
MF:マルキージオ(ユヴェントス)
MF:インシーニェ(ナポリ)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)

「2017年6月7日・11日 イタリア代表26名」


イタリア 3-0 ウルグアイ
1-0 07分 OG「オウンゴール」
2-0 83分 エデル
3-0 90+2 デ・ロッシ(PK)

イタリアの選手交代等
18分 マルキージオ(負傷)
→モントリーヴォ(ミラン)
46分 ベロッティ
→エデル(インテル)
57分 カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
64分 インシーニェ
→エル・シャーラウィ(ローマ)
81分 インモービレ
→ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel


スアレスもいない
カバーニもいない
でも、メディカルチェックに
引っかかってユーヴェを
追われミランを拒否った
カセレスはいる

そんなチグハグな
ウルグアイ代表を相手に
攻撃のバリエーションが
ことごとくフィットし
久しぶりにストレスフリーな
試合が見られました。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

【News&Topics】
U-20のイタリア代表は
準決勝でイングランドに敗れ
決勝進出はなりませんでした

が・・・

3位決定戦が奇しくも
A代表の親善試合と同じく
ウルグアイとの対戦になりました。

ヴェントゥーラAzzurriの成績
10試合 7勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×サンマリノ(2017/05/31) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリア代表のジャンピエロ・ヴェントゥーラ
監督は25日、31日に行われる
サン・マリノ代表とのテストマッチに
向けて、22人の代表メンバーを発表した。

イタリア国内のエンポリで開催される
サン・マリノ戦に向けて、ヴェントゥーラ
監督は若手主体のメンバーを招集。

4月にもトレーニング合宿を行っており、
今回が3度目の合宿となるが、
初めてテストマッチを組むこととなった。

なお、6月7日にはニースで
ウルグアイ代表とのテストマッチが
予定されているが、こちらは正規の
代表メンバーで挑むこととなる。

▼GK
ピエルルイージ・ゴッリーニ(アタランタ)
シモーネ・スクフェット(ウディネーゼ)

▼DF
クリスティアーノ・ビラーギ(ペスカーラ)
ダヴィデ・カラブリア(ミラン)
マッティア・カルダーラ(アタランタ)
フェデリコ・チェッケリーニ(クロトーネ)
アンドレア・コンティ(アタランタ)
エメルソン(ローマ)(負傷離脱)
アレックス・フェラーリ(ヴェローナ)
ジャンマルコ・フェラーリ(クロトーネ)

▼MF
ダニエレ・バデッリ(トリノ)
ダニーロ・カタルディ(ジェノア)
ロベルト・ガリャルディーニ(インテル)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(サッスオーロ)

▼FW
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)
ディエゴ・ファルチネッリ(クロトーネ)
ロベルト・イングレーゼ(キエーヴォ)
ジャンルカ・ラパドゥーラ(ミラン)
アンドレア・ペターニャ(アタランタ)

追加
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
ジャンルカ・カプラーリ(ペスカーラ)

イタリアのスタメン
GK:[1] スクフェット(ウディネーゼ)
DF:[2] コンティ(アタランタ)
DF:[3] カルダーラ(アタランタ)
DF:[15]GMフェラーリ(クロトーネ)
DF:[3] ダンブロージオ(インテル)
MF:[5]ガリャルディーニ(インテル)
MF:[18]バデッリ(トリノ)
FW:[7] ベラルディ(サッスオーロ)(C)
FW:[10]ペターニャ(アタランタ)
FW:[9] ラパドゥーラ(ミラン)
FW:[21]キエーザ(フィオレンティーナ)

イタリア 8-0 サンマリノ
1-0 10分 ラパドゥーラ
2-0 13分 フェラーリ
3-0 16分 ペターニャ
4-0 19分 ラパドゥーラ
5-0 48分 カルダーラ
6-0 50分 ラパドゥーラ
7-0 58分 ポリターノ
8-0 65分 OG(ボニーニ)


若手主体のイタリア代表
(Young Azzurri)が
「勝点銀行」サンマリノに
圧勝し、ミランのアタッカー
ラパドゥーラがトリプレッタ
(3得点)を決めるなど
大活躍しました。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年6月7日・11日 イタリア代表26名 [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアサッカー連盟(FIGC)は27日、
6月のロシア・ワールドカップ欧州予選と
国際親善試合に臨むイタリア
代表メンバー26名を発表した。

イタリア代表は同月7日に
フランスのニースで行われる
国際親善試合で
ウルグアイ代表と対戦。

同11日にはロシアW杯
欧州予選でリヒテンシュタイン
代表をホームに迎える。

▼GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
シモーネ・スクフェット(ウディネーゼ)

▼DF
ダヴィデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
マッティア・カルダラ(アタランタ)
フェデリコ・チェッケリーニ(クロトーネ)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U/英)
エメルソン(ローマ)
レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ)

▼MF
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
リッカルド・モントリーヴォ(ミラン)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(サッスオーロ)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/仏)
フェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)
ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)

▼FW
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
エデル(インテル)
マノロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)

内訳
5:ユヴェントス
3:インテル
3:ローマ
3:イタリア国外
2:アタランタ
2:ミラン
2:フィオレンティーナ
1:ウディネーゼ
1:クロトーネ
1:サッスオーロ
1:ナポリ
1:トリノ
1:ラツィオ

発表は5月27日でしたが
怪我などでメンバーが
交代することが多々あるので
数日遅れで記事をアップしました。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
5節終了時順位
=1:勝点13 スペイン(+17)
------------------(本戦出場)
=2:勝点13 イタリア(+9)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点9 イスラエル(0)
=4:勝点6 アルバニア(-4)
=5:勝点3 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-18)

順位表参考文献
(Uefa.com)
(順位表全体)
(グループGピックアップ)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
8試合 5勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


タグ:azzurri
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

オランダ×イタリア(2017/03/28) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

試合の重要度が
W杯予選>親善試合でも
チームとしての力量は
アルバニア<オランダなので
安易にターンオーバーせず
豪華な布陣を敷いてきた
Azzurri(イタリア代表)

イタリアのスタメン
GK:[12]ドンナルンマ(ミラン)
DF:[5] ルガーニ(ユヴェントス)
DF:[19]ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:[3] ロマニョーリ(ミラン)
MF:[22]ザッパコスタ(トリノ)
MF:[16]デ・ロッシ(ローマ)(C)
MF:[10]ヴェラッテイ(PSG/仏)
MF:[18]パローロ(ラツィオ)
MF:[4] ダルミアン(マン・U/英)
FW:[11]インモービレ(ラツィオ)
FW:[7]エデル(インテル)

「2017年3月24日・28日 イタリア代表27→26名」


前半


月島「ヒマワリ」
鶴田「J」に続く
テンション上げ三種の神器
代表選手が熱唱する
「イタリア国歌」
(リードヴォーカル・ブッフォン
不在のため、やや控えめ)

後半
オランダ 1-2 イタリア
1-0 10分 OG(ロマニョーリ)
1-1 11分 エデル
1-2 32分 ボヌッチ

イタリアの選手交代等
37分 デ・ロッシ(負傷)
→[8]ガリアルディーニ(インテル)
53分 インモービレ
→[9]ベロッティ(トリノ)
62分 ザッパコスタ
→[15]スピナッツォーラ(アタランタ)
69分 エデル
→[20]ペターニャ(アタランタ)
88分 ダルミアン
→[23]ダンブロージオ(インテル)
90分 ヴェラッティ
→[25]ヴェルディ(ボローニャ)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

監督更迭した直後の
ゴタゴタしているオランダ相手に
先制点を奪われたものの
早い時間で同点、逆転をし
勝利をもぎ取ったのはよかったです。
 
特筆すべきは
シュートの雨を浴びながらも
しっかり重責を果たした

イタリア代表GK史上
最年少18歳の
先発出場を果たした
ジャンルイジ・ドンナルンマ
(AC ミラン)

代表引退宣言したのを
三顧の礼で引き留めた
負い目があるのか?
一選手が監督よりも
権限を持つようになったり

ゲームキャプテンがこの
タイミングで前任指揮官を
賛美するコメントを出すと
何か嫌な予感がするのは
物事を穿って三杉淳でしょうか?

ヴェントゥーラAzzurriの成績
8試合 5勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - イタリアカルチョ(代表・連盟他) ブログトップ