So-net無料ブログ作成
イタリアカルチョ(代表・連盟他) ブログトップ
前の5件 | -

アルバニア×イタリア(2018年W杯予選・10節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

ジョゼ・モウリーニョに
リカルド・カルバーリョあり
ファビオ・カペッロに
クリスティアン・パヌッチありと
名将の懐刀として

ミラン・ローマそしてレアル・マドリーと
指導者カペッロの立身出世に
貢献したパヌッチが
アルバニア代表監督となり
母国イタリアと対戦する。

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:パローロ(ラツィオ)
MF:ガリアラウディーニ(インテル)
FW:カンドレーヴァ(インテル)
FW:エデル(インテル)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:インシーニェ(ナポリ)

2017年10月6日・9日 イタリア代表

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

アルバニア 0-1 イタリア
0-1 75分 カンドレーヴァ

イタリアの選手交代等
61分 ダルミアン→
ザッパコスタ(チェルシー/英)

88分 エデル→
ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

スペインに敗れた後の2試合は
格下だのと高をくくっていると
思わぬ苦戦に追い込まれるという
人の振り見て我が振り直せという
現代サッカー万国共通の
課題に直面する試合でした。

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
全10節終了時順位
=1:勝点28 スペイン
------------------(本戦出場)
=2:勝点23 イタリア
------------------(プレーオフ)
=3:勝点13 アルバニア
=4:勝点12 イスラエル
=5:勝点11 マケドニア
=6:勝点0 リヒテンシュタイン

プレーオフ進出国
勝点27:スイス(グループB2位)
勝点23:イタリア(グループG2位)
勝点20:クロアチア(グループI2位)
勝点20:デンマーク(グループE2位)
勝点19:ギリシャ(グループH2位)
勝点19:北アイルランド(グループC2位)
勝点19:アイルランド(グループD2位)
勝点19:スウェーデン(グループA2位)
---(総獲得勝点最下位足切り)
勝点18:スロバキア(グループF2位)

10/17スイス・チューリッヒにて
最新FIFAランキングを元に抽選し
第1戦11/9~11日
第2戦11/12~14日の
強行日程でホーム&アウェイを戦う。

全10戦を戦い終わった結果
グループ2位でプレーオフへの
進出権利を得ましたが
進出国の顔ぶれを見ると
1位通過でもおかしくない国があり
高をくくる余裕はないですが

かといって「やる前から負けること
考える奴があるかよ!(ビンタ)」
と燃える闘魂を怒らせたテ〇朝アナ
みたいなネガティブ思考も良くないので

順当に本戦へ勝ち上がれる
戦術・戦略をヴェントゥーラ
監督には練ってもらい
見せていただきたいと思います。

実はヴェントゥーラと同時進行で
代表監督のオファーを受けていた
スパレッティ現インテル監督も
思わずベンチに塩漬けしてしまう

エデルの才能を引き出せる
指導者がヴェントゥーラや
後任候補に求められる要素
だと個人的に思っています。

予選全般にわたって
縦横無尽の活躍をしてくれた
エースアタッカーのベロッティは
怪我でこのPOには間に合わず

必然的に好調を維持する
インモービレへの対策が
厳しくなるPOでは

エデルがかつてのカジラギ
(PO勝ち抜け殊勲者)
のような活躍をしてくれる
ことを期待しています。

センターフォワードの
人身御供で今回のカンドレーヴァや
インシーニェといった
サイドアタッカーが生きるなら
それはそれで結果オーライ。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
15試合 10勝3分2敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×マケドニア(2018年W杯予選・9節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
MF:ザッパコスタ(チェルシー/英)
MF:パローロ(ラツィオ)
MF:ガリアラウディーニ(インテル)
MF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
FW:ヴェルディ(ボローニャ)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:インシーニェ(ナポリ)

2017年10月6日・9日 イタリア代表

【DJ】
Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

イタリア 1-1 マケドニア
1-0 40分 キエッリーニ(イタリア)
1-1 76分 トライコフスキ(マケドニア)

イタリアの選手交代等
46分 バルザーリ
→ルガーニ(ユヴェントス)

64分 ヴェルディ
→ベルナルデスキ(ユヴェントス)

75分 ガリアラウディーニ
→クリスタンテ(アタランタ)

退屈の二文字が真っ先に
浮かんでくる試合でした。

ありきたりな言葉を使い回すと
どんな高性能なエンジンを
積んでいても、モチベーションという
燃料がないと疾走しないと思いました。

自国リーグ(セリエA)で
プレーしている外国人
ゴラン・パンデフのスルーパスに
ディフェンスラインを
真っ二つに切り裂かれて
同点ゴールのアシストを
許した展開を見ていたら

ユヴェントス所属フランス代表
ダビド・トレゼゲの
延長Vゴールで涙を飲んだ
EURO2000決勝戦を
思いだしました。

皮肉な話はまだ続きまして
首位を走るスペインが
3位アルバニアを倒して
W杯出場を決めたので

最終戦の直接対決を待たずして
プレーオフ出場資格を得る
2位が確定しました。

日本が灼熱のジョホールバルで
歓喜に沸いた同じ頃
雪のモスクワでカジラギの
ダイビングヘッドでもぎ取った
一点でロシアを振り切り
ワールドカップ出場が決まった
プレーオフでの歓喜を再び
見せて欲しいですね。

せっかく刷新した
新しいロゴの元で。

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
9節終了時順位
=1:勝点25 スペイン(+32)
------------------(本戦出場)
=2:勝点20 イタリア(+12)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点13 アルバニア(-2)
=4:勝点12 イスラエル(-4)
=5:勝点8 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-34)

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
14試合 9勝3分2敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年10月6日・9日 イタリア代表 [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアサッカー連盟(FIGC)は
9月30日、2018 FIFAワールドカップ
ロシア 欧州予選2試合に臨む
イタリア代表メンバー25名を発表した。
(中略)
イタリア代表は、10月6日に
5位のマケドニア代表と、
9日に3位のアルバニア代表
と対戦する。

▼GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
マッティア・ペリン(ジェノア)

▼DF
ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U/英)
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)
レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ)
ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー/英)

▼MF
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
マルコ・パローロ(ラツィオ)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/仏)
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)

▼FW
ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
エデル(インテル)
マノロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)

10/2 追記
Out:アンドレア・ベロッティ(トリノ)
In:ロベルト・イングレーゼ(キエーヴォ)
Out:マルコ・ヴェッラッティ
(パリ・サンジェルマン/仏)
In:ニコロ・バレッラ(カリアリ)

10/5 追記
Out:
ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
In:
ロベルト・ガリアラウディーニ(インテル)
ブライアン・クリスタンテ(アタランタ)

内訳(25名)
5:ユヴェントス
4→3:国外
3→4:インテル
3→1:ローマ
2:ミラン
2:ラツィオ
1:ジェノア
1:フィオレンティーナ
1→2:アタランタ
1:ナポリ
1:ボローニャ
1→0:トリノ
1:カリアリ
1:キエーヴォ

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
8節終了時順位
=1:勝点22 スペイン(+29)
------------------(本戦出場)
=2:勝点19 イタリア(+12)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点13 アルバニア(+1)
=4:勝点9 イスラエル(-5)
=5:勝点7 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-33)

泣いても笑っても残り2試合の
欧州予選、首位スペインが
余程の躓きを見せない限り

イタリアは各グループ2位同士の
プレーオフに回る公算が大きく
そこへ進出するためにも

順位に影響のある3位アルバニア
との対戦を含めて気を引き締めて
足をすくわれないようにして欲しい。

スペインに惨敗したことで
評価が一転してしまいましたが
人は人、ヴェントゥーラは
ヴェントゥーラが思うような
Azzurri(イタリア代表)を
作っていけばいいのでは
ないでしょうか?

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
13試合 9勝2分2敗

戦績ログ

続きを読む


タグ:azzurri
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×イスラエル(2018年W杯予選・8節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

高校・大学・プロ野球が
連日昼夜問わず使用し
夏場の直射日光も合わさり
青菜に塩状態のクッタクタな

神宮人工芝で次々
怪我人を出していく
「ヤ戦病院」の如く
(ヤクルト+野戦病院)

イタリア代表Azzurriも
怪我人続出で困ったチャン

ミランを応援しているときは
相手チームで憎らしいくらい
活躍するのに、こっちが
イタリア代表を応援する
となると一転して
不発弾に変わる
「2代目残念Azzurri」
(初代はディナターレ)
キエッリーニは天王山の
スペイン戦前に代表を離脱し

Out:レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ)
In:ダヴィデ・ザッパコスタ(チェルシー/英)

加えてDFの要の一角
レオ・ボヌッチ(ミラン)の
累積警告による出場停止

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:コンティ(ミラン)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:アストーリ(フィオレンティーナ)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/仏)
FW:カンドレーヴァ(インテル)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)
FW:インシーニェ(ナポリ)

2017年9月2日・5日 イタリア代表

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

イタリア 1-0 イスラエル
1-0 53分 インモービレ

イタリアの選手交代等
49分 コンティ(負傷)
→ザッパコスタ(チェルシー/英)

87分 カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(ユヴェントス)

90分 ヴェッラッティ
→モントリーヴォ(ミラン)

右目14型TVで日本を追い
左目26型TVでイタリアを
追って感じたことは

技術の高い11人を揃えて
連係練度を高めて勝利へ
滑走する高性能エンジンを
機能させるためには
モチベーションという
燃料が必要だということ。

イタリアに大勝し意気揚々と
勝点ATMリヒテンシュタインから
得失点差の小銭まで下ろし
本戦出場へ王手を掛けた
スペインに対して

掌返しが激しい世論に
ブッフォンやヴェッラッティまで
ご機嫌斜めなこの状況で

グループ2位同士の熾烈な
つぶし合いプレーオフ進出が
濃厚になったイタリアは
臨戦態勢を整えられるでしょうか?

トドメはミランの貴重な新戦力
コンティまで野戦病院行き。

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
8節終了時順位
=1:勝点22 スペイン(+29)
------------------(本戦出場)
=2:勝点19 イタリア(+12)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点13 アルバニア(+1)
=4:勝点9 イスラエル(-5)
=5:勝点7 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-33)

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
13試合 9勝2分2敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

スペイン×イタリア(2018年W杯予選・7節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
勝点16で並ぶ首位スペインと
2位イタリアの天王山

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/仏)
FW:カンドレーヴァ(インテル)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)
FW:インシーニェ(ナポリ)

2017年9月2日・5日 イタリア代表

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

スペイン 3-0 イタリア
1-0 14分 イスコ(FK)
2-0 41分 イスコ
3-0 77分 モラタ

イタリアの選手交代等
70分 ベロッティ&カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(ユヴェントス)
&エデル(インテル)

77分 インモービレ→
ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

(イタリア目線で)完敗デス

同じフィールドプレーヤーで
パス・ポゼッションも出来る
ハイプレス・高速カウンターも出来る
ファンタジスタ(イニエスタ)が
テレビゲームのようなDFラインを
切り裂くスルーパスまで決められるなど

高い技術を持った選手を集め
連係練度を高めていくことが
近代サッカー勝利の必須条件
なことの再確認と

付け焼き刃のポゼッションで
失敗した「サッカルーズ」の
結果などを合わせて

ますます強者と弱者の
格差が広がっていくのを
目の当たりにしました。

あれだけ賞賛を浴びた
ヴェントゥーラの4-2-4が
一夜にして「限界」の
烙印を押されてしまったり
日進月歩どころか

音速の勢いで変化していく
サッカーについていくのに
精一杯です。

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
7節終了時順位
=1:勝点19 スペイン(+21)
------------------(本戦出場)
=2:勝点16 イタリア(+11)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点12 アルバニア(+1)
=4:勝点9 イスラエル(-4)
=5:勝点6 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-25)

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
12試合 8勝2分2敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - イタリアカルチョ(代表・連盟他) ブログトップ