So-net無料ブログ作成
2006 FIFA WORLD CUP ブログトップ
前の5件 | -

2006 FIFA WORLD CUP FINAL [2006 FIFA WORLD CUP]

結果論で言います…

前半7分のジダンのPK
あの美しく無いゴールがサッカーの神様にそっぽを向かれたと思います。
21世紀になっても未だに疑惑の渦中にあるジェフ・ハーストゴールを
トレースしたのがこの日のフランスの迷走を物語っていたと勝手に解釈します。

それに呼応するかのように主力のヴィエラ、アンリの負傷退場。
ジダン本人も肩を負傷した挙句、癇癪を起こし退場の憂き目に…
現役生活最後の試合でサッカーを愚弄してしまった…
極め付けはEURO2000のヒーロー、トレゼゲがPKを外し
ジダンと共にフランスの隆盛を支えたメンバーに災いが起きました。

開始早々のPKでディフェンスが臆病になり、
幾度と無くピンチを迎えたイタリアでしたが
フランスの拙攻と勝利の女神に祝福され
見事4回目の優勝を勝ち取りました♪

今大会全体を見て思った事は、ベテランが多く活躍し
若手の台頭があまり見受けられなかった事。
ボールの性質によりミドルシュートと無回転のシュートが増えた事。
これが是か非かは今後の動向を見守りたいと思います。

パオロ・ロッシに始まり、スキラッチにバッジョ
そして今回の23人のAzzurriの戦士達。
縁も所縁も無い僕をここまで魅了してくれたことに感謝!!!

CAMPIONI DEL MONDO!

イタリア 1(PK 5-3) 1 フランス

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

L'Italia è in finale!(イタリア決勝へ!) [2006 FIFA WORLD CUP]

物凄く分厚い紙一重…

120分を戦い抜いた両雄ですが
自力の差は明白に見えました。
3月だか4月の親善試合4-1が
ホームアドバンテージで2-0で済んだ印象。

リッピとクリンシーの采配の差が
結果的に明暗を分けたし
ここ一番の勝負強さにも
イタリアの方がドイツを上回ってました。

バッジョやバレージ
マルディーニが果たせなかった
世界一を是非体現して欲しいです。

今大会一番興奮し、力が入った試合…w

イタリア 2-0(EX2-0) ドイツ


nice!(0)  コメント(0) 

イタリア ベスト4へ! [2006 FIFA WORLD CUP]

完勝!!!

得点差もさることながら、イタリア伝統の「カテナチオ」(鍵を掛ける)が
これでもかと言うくらい全世界に披露されました。

特に凄かったのがカンナバーロ。
剣林弾雨のウクライナのシュートを
ことごとく跳ね返していました。
身長175cmのキャプテンでセンターバック。
日本にもこんな逸材が欲しいです。(素)

GKのブッフォンもスーパーセーブ連発でした。
こんな強固な守備陣を揃えている
ユベントスの強さを再確認しました。

これだけ強いのに八百長をしなければいけないのは
「伝統」に縛られて負けられないって事なんでしょうか?

最後に振られた国旗には八百長に関わったと言われている
元・ユベントス選手、ペッソットとコンテに対する何かしらの
メッセージと受け取ったんですが、イタリア語が
分からないので詳細は不明です…

エースストライカーのトーニにもゴールが生まれ
怪我人多数のDF陣以外は明るい要素が多いです。

これで、準決勝は地元ドイツと戦います。
今大会最大の消耗戦になると予想します。

試合終了後にチームメイトだった
シェフチェンコに労いの言葉をかけた
インザーギとピルロのシーンは感動しました。

イタリア 3-0 ウクライナ


nice!(0)  コメント(2) 

イタリア ベスト8へ! [2006 FIFA WORLD CUP]

デルピエロ先発…

これを目にした時嫌な予感がしましたが
リッピ監督は途中トッティを投入して
デルピエロを下げたところで結果的に「英断」になりました。

98年のチェーザレや02年のトラップみたいに
敗戦の将にならなかったのは、温情を捨てて
勝利のために非情になれたことが要因ですね。

トッティ…苦杯を舐めた4年間をよく耐えました。
渾身のPK最高でしたよ♪

マテラッツィ&ガットゥーゾ…
あまり熱くなりすぎないように…w

イタリア 1-0 オーストラリア


nice!(0)  コメント(0) 

決勝トーナメント進出16チーム決定!!! [2006 FIFA WORLD CUP]

グループリーグが終了し、決勝トーナメント進出チームが出揃いました。
開幕前に購入したスコアシートに細かく記入したのが下記の表です。


下手な文字&抽選順で分かりにくいと思いますので
決勝トーナメント進出は以下の通り。

GROUP A
ドイツ エクアドル

GROUP B
イングランド スウェーデン

GROUP C
アルゼンチン オランダ

GROUP D
ポルトガル メキシコ

GROUP E
イタリア ガーナ

GROUP F
ブラジル オーストラリア

GROUP G
スイス フランス

GROUP H
スペイン ウクライナ

地域別の進出率は

ヨーロッパ 10/14 71%
南米 3/4 75%
アフリカ 1/5 20%
北中米・カリブ海 1/4 25%
アジア・オセアニア 1/5 20%

欧州・南米の強豪国が順当に勝ち上がったのに比べ
第3勢力と言われていたアフリカ勢の不振
北中米も古参のメキシコのみと過去の実績が
綺麗に反映され波乱は少なく見えました。

問題のアジア・オセアニアは次回より
アジア地域に回るオーストラリアのみが
トーナメント進出なので出場枠に
どう響くのかは今後に注目。

で、またも乱筆ですが決勝トーナメントは以下の通り。

ここまで来たら、従来のW杯同様イタリアを応援しながら
本当の戦いを堪能したいと思います♪

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 2006 FIFA WORLD CUP ブログトップ