So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカー(SOCCER) ブログトップ
前の5件 | -

モウリーニョ・U Story(6回目) [サッカー(SOCCER)]

低迷から栄光への復活に
賭けるミランに復活への指針を
見せてくれると期待している

ジョゼ・モウリーニョ率いる
マンチェスター・ユナイテッドの
16-17シーズンを追いかけて
いこうと思い企画しました

So-net Blog
「FANTASISTA」新連載
モウリーニョ・ユナイテッドStory

☆2016/09/24 
プレミアリーグ6節
ユナイテッド 4-1 レスター
1-0 22分 スモーリング
2-0 37分 マタ
3-0 40分 ラシュフォード
4-0 42分 ポグバ
4-1 60分 グレイ


マンチェスター・ユナイテッドの
2016-17シーズン成績

6試合 4勝 2敗 勝点12

☆2016/09/29
2016-17 UEFA EL2節
ユナイテッド 1-0 ゾリャ
1-0 69分 イブラヒモヴィッチ


2016-17 UEFA EL
グループA 2節終了時順位
↑1位:勝点4 フェネルバフチェ(+1)
↓2位:勝点3 フェイエノールト(0)
----------------------【決勝T】
↑3位:勝点3 マンチェスター・U(0)
↓4位:勝点1 ゾリャ・ルハンシク(0)

順位表参考文献
(Uefa.com)

☆2016/10/02
プレミアリーグ7節
ユナイテッド 1-1 ストーク
1-0 69分 マルシャル
1-1 82分 ジョー・アレン


マンチェスター・ユナイテッドの
2016-17シーズン成績

7試合 4勝1分2敗 勝点13

戦術家監督の前評判が
看板倒れになりそうなくらい
力任せの試合が続き

チェルシー時代に悶着を
起こしたマタやベンチ塩漬けで
冷遇しているルーニーの
インテリジェンスに救われている
シーンが多くなりました。
 
それにしても11人で行う
サッカーという競技で
ここまで個人能力を
発揮出来る劇薬
イブラヒモビッチの
効力は恐ろしい。

モウリーニョ・U Story
バックナンバー

※ミラン戦とセリエAの
結果と順位同様に
書き続けることは
難しいと感じたので
「モウリーニョ・U Story」と
簡素化することにしました。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

モウリーニョ・U Story(5回目) [サッカー(SOCCER)]

低迷から栄光への復活に
賭けるミランに復活への指針を
見せてくれると期待している

ジョゼ・モウリーニョ率いる
マンチェスター・ユナイテッドの
16-17シーズンを追いかけて
いこうと思い企画しました

So-net Blog
「FANTASISTA」新連載
モウリーニョ・ユナイテッドStory

今までは1試合ごと
詳細記事を書き起こしましたが

「ボーンマス×ユナイテッド(16-17 第1節)」

「ユナイテッド×サウサンプトン(16-17 第2節)」

「ハル×ユナイテッド(16-17 第3節)」

「ユナイテッド×シティ(16-17 第4節)」

ミラン戦とセリエAの
結果と順位同様に
書き続けることは
難しいと感じたので
今回からは簡素化
することにしました。

2016/09/15 UEFA EL1節
フェイエノールト 1-0 ユナイテッド
1-0 79分 トリンダーデ(フェイエノールト)

明らかなオフサイドを
主張する指揮官ですが
敵地で洗礼を浴びるのは
古今東西サッカーという
競技につきものみたいです。

ただ、そこに至るまでの
退屈な試合展開だと
日本時間深夜に
視聴する身としては
子守歌にしかならない。
(実際寝落ち)

2016-17 UEFA EL
グループA 1節終了時順位
1位:勝点3 フェイエノールト(+1)
2位:勝点1 ゾリャ・ルハンシク(0)
2位:勝点1 フェネルバフチェ(0)
4位:勝点0 マンチェスター・U(-1)

順位表参考文献
(Uefa.com)

2016/09/17 
プレミアリーグ5節
ワトフォード 3-1 ユナイテッド
1-0 34分 カプー
1-1 62分 ラシュフォード
2-1 83分 ズニガ
3-1 90+5 ディーニー(PK)

ファーガソン政権時
素行不良のため
移籍金ゼロで
ユナイテッドを 
放逐されながら

今夏、史上最高額で
買い戻すも未だ
これといった活躍のない
PP6(ポール・ポグバ背番号6)を
擁護する声を上げたかと思えば

不調が続くと
審判やミスした選手へ
他罰的になる悪いクセを
見せ始めるモウリーニョ
劇場が加熱してきました。
 
マンチェスター・ユナイテッドの
2016-17シーズン成績

5試合 3勝 2敗 勝点9

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ユナイテッド×シティ(16-17 第4節) [サッカー(SOCCER)]

低迷から栄光への復活に
賭けるミランに復活への指針を
見せてくれると期待している

ジョゼ・モウリーニョ率いる
マンチェスター・ユナイテッドの
16-17シーズンを追いかけて
いこうと思い企画しました

So-net Blog
「FANTASISTA」新連載
モウリーニョ・ユナイテッドStory

今回の対戦相手は
同じマンチェスターを
拠点とするライバル
マンチェスター・シティとの
ダービーマッチ。

ユナイテッドのスタメン
デ・ヘア
バレンシア
バイリー
ブリント
ルーク・ショー
フェライニ
ポグバ
ムヒタリアン
ルーニー(C)
リンガード
イブラヒモビッチ


前半

後半
ユナイテッド 1-2 シティ
0-1 15分 デ・ブライネ
0-2 36分 イヘアナチョ
1-2 42分 イブラヒモビッチ

ユナイテッドの選手交代等
46分(後半開始)
Out
ムヒタリアン
リンガード 
In
エレーラ
ラシュフォード

81分 ルーク・ショー
→マルシャル
 
ジョゼ・モウリーニョと
ジョゼップ・グアルディオラ
近代サッカーを牽引する
戦略家監督対決と

過去の因縁も含めて
ずっと煽られ続けた
マンチェスターダービー

試合内容は双方
組み立てに際しては
パスを繋いで切り崩していく
姿勢が見えましたが

得点シーンではプレミアの流儀に
乗っ取った激しいぶつかり合いと
ロングボールの放り込みを
最大限に魅せる
エンタテインメントショーに
なっていました。

この戦い方でバルサ
マドリー、アトレチコと
いったスペイン勢や

ドイツ一強をひた走る
バイエルンなどと欧州カップ戦で
相対したとき通用するかは
疑問が残ります。
 
それと、プレミアリーグ内で
格下と見なしている相手に
苦戦するようになったとき

イブラヒモビッチの力業に頼る
「戦術ズラタン」へ傾倒
しないで欲しいですね。

ミランが最後にスクデットを
獲得したときが
「戦術ズラタン」で
今現在も続く
その後のミランの
状態は周知の通り。

マンチェスター・ユナイテッドの
2016-17シーズン成績

4試合 3勝 1敗 勝点9

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハル×ユナイテッド(16-17 第3節) [サッカー(SOCCER)]

低迷から栄光への復活に
賭けるミランに復活への指針を
見せてくれると期待している

ジョゼ・モウリーニョ率いる
マンチェスター・ユナイテッドの
16-17シーズンを追いかけていこうと
思い企画しました

So-net Blog
「FANTASISTA」新連載
モウリーニョ・ユナイテッドStory

第3節(戦)はハル・シティ
(タイガース)という
サッカークラブなのか?
Baseballチームなのか?
わかりにくい名前の相手。

ユナイテッドのスタメン
GK:デ・ヘア
DF:バレンシア
DF:バイリー
DF:ブリント
DF:ルーク・ショー
MF:フェライニ
MF:ポグバ
MF:マタ
MF:ルーニー(C)
MF:マルシャル
FW:イブラヒモビッチ


前半


後半
ハル 0-1 ユナイテッド
0-1 90+2 ラッシュフォード

ユナイテッドの選手交代等
60分 マルシャル→ムヒタリアン

71分 マタ→ラッシュフォード

90+3 ルーニー→スモーリング

理屈をどうこう並べるよりも
単純に勝つ姿をファンに
見せたのがこの試合のポイント

ウクライナ代表監督に
就任したシェフチェンコ

ミランの監督を解任された
フィリッポ・インザーギ

アメリカで余生を過ごすカカー

W杯でPKを止められた
腹いせにKawashimaの
脇腹を踏んづけたトマソン

グランデ・ミラン
(偉大なるミラン)
と呼ばれた時代のミランも

彼らの劇的なゴールで
勝利をもぎ取り
ファンに多くの喜びを
もたらしてきました。

マンチェスター・ユナイテッドの
2016-17シーズン成績

3試合 3勝 勝点9

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

ユナイテッド×サウサンプトン(16-17 第2節) [サッカー(SOCCER)]

低迷から栄光への復活に
賭けるミランに復活への指針を
見せてくれると期待している

ジョゼ・モウリーニョ率いる
マンチェスター・ユナイテッドの
16-17シーズンを追いかけていこうと
思い企画しました

So-net Blog
「FANTASISTA」新連載
モウリーニョ・ユナイテッドStory

2戦目は愛称セインツこと
サウサンプトンをホーム
オールド・トラッドフォードに
迎えての対戦。

ユナイテッドのスタメン
GK:デ・ヘア
DF:バレンシア
DF:バイリー
DF:ブリント
DF:ルーク・ショー
MF:フェライニ
MF:ポグバ
MF:マタ
MF:ルーニー(C)
MF:マルシャル
FW:イブラヒモビッチ

前半

後半
ユナイテッド 2-0 サウサンプトン
1-0 36分 イブラヒモビッチ
2-0 52分 イブラヒモビッチ(PK)

ユナイテッドの選手交代等
75分 マタ→ムヒタリアン

82分 マルシャル→エレーラ

89分 ルーニー→スモーリング

モウリーニョ流の戦術
パス&ポゼッションそして
カウンターを見せながらも

フィニッシュはサイドに振って
クロスをドン!って辺りが
イングランド・プレミアリーグ
らしいなと未遂に終わった

セインツのシュートシーンも
同様の行為から
繰り出されているのを
見て思いました。

マッツァーニのワトフォードと
コンテのチェルシーという
イタリア人指揮官対決も
プレミアの流儀で戦っている
生放送を見ながら記事を
書いている影響です。

このスタイルがCL・ELといった
欧州戦で他国の強豪に
通じるかがプレミア全体の
課題なのかなと思いました。

マンチェスター・ユナイテッドの
2016-17シーズン成績

2試合 2勝 勝点6

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - サッカー(SOCCER) ブログトップ