So-net無料ブログ作成

7月に買ったCD2枚(組)と1曲の音源 [Pastime]

・7月5日
『CYCLE HIT 1991-2017 
Spitz Complete Single Collection 
-30th Anniversary BOX-』

スピッツの結成30周年記念ベストアルバムです。

3枚のうち「1991-1997」
「1997-2005」の2枚は既存で
あるものを新たにリマスターしたもので

「2006-2017」が今回新発売となります。

既存の2枚は音源が手元にありますが
連続で聴いたときのバランスなどを
考慮して3枚組セットを買いました。

もう一つの決め手は
コストパフォーマンスでして
単体で買うと2,700円(税込)
3枚組でも4,212円(税込)と
レンタルでリッピングした
音源しかない環境も相まって
後者を選択しました。

デビュー曲から最新シングル
そして今年レコーディングされた
3曲を加えた全45曲が収録されています。

知るキッカケになった
ディスク1のロビンソン
本格的にハマる
キッカケになった
ディスク2春の歌や
ディスク3の魔法のコトバや
群青などから現在・過去
たくさんの作品に触れたことで

デビュー曲ヒバリのこころに
間に合わなくても
自分が好きになった
タイミングが一番良いとき
という行動理念に繋がります。

fantasista2193.jpg
ひと休み  ひと休み・・・
@一休


fantasista2191.jpg
・7月26日
Mr.Children「ヒカリノアトリエ」

・7月30日
Mr.Children「himawari」

手持ちの芸能商品を
だいぶ整理したこともあって
アルバムに比べて
コストパフォーマンスの悪さから
手元に置くのを躊躇している
シングルCDなので、本来は
前作「ヒカリノアトリエ」と
同時に配信で買う予定でしたが

ヒカリノアトリエを参考にすると
CDリリース→1/11
配信開始→1/20と
9日のタイムラグがあるので
8月頭にライブへ行くとなると
そうは言っていられません。

のべ4公演申し込んで
1公演しか入れない
一期一会的なライブで
曲とタイトルが一致しない
あの時間が勿体なく感じる
性分なのでなるべく
予習をして入りたいです。

こう言う記事を書くとき
ほとんど曲の内容に言及
することがなく関係ない能書きを
長々と繰り返すことが多いですが

「himawari」の「諦~邪」までの件は
ピンズド(ピンポイントでズドン)
で突き刺さる感じがしました。

桜井氏のダイジェストでは
堪能しにくいサビ前や2番に
染みこませている歌詞の
説得力はふくぬらさんへの
アンセムとなった「青空」での
「時々~迷ってた」までの件や

「幻聴」の
「向こうで~」「切り札を~」
「一歩 また一歩」「僕を~遠くで」の
件でも遺憾なく発揮されています。

この「himawari」を落選した
6月30日の東京ドーム公演で
聴いていたら落涙量が
半端なかったと思いました。

「Pastime」(趣味)
というカテゴリーを新設したので
こう言う記事を書いてみました。

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-(期間限定盤)[3CD]

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-(期間限定盤)[3CD]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2017/07/05
  • メディア: CD
himawari (通常盤)

himawari (通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: CD
ヒカリノアトリエ

ヒカリノアトリエ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2017/01/11
  • メディア: CD



nice!(0) 
共通テーマ:音楽

クライオヴァ×ミラン(17-18 EL予選1st leg) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ(イタリア)
DF:アバーテ(イタリア)
DF:サパタ(コロンビア)
DF:ムサッキオ(アルゼンチン)
DF:R・ロドリゲス(スイス)
MF:ケシエ(コートジボアール)
MF:モントリーヴォ(C)(イタリア)
MF:ボナヴェントゥーラ(イタリア)
FW:ニアン(フランス)
FW:クトローネ(イタリア)
FW:ボリーニ(イタリア)



前半

後半
クライオヴァ 0-1 ミラン
0-1 44分 R・ロドリゲス

ミランの選手交代等
66分 ボリーニ→
シルヴァ(ポルトガル)

73分 アバーテ→
コンティ(イタリア)

80分 クロトーネ→
アントネッリ(イタリア)

現地ミラニスタ(ミランのファン)の
ご厚意で、前半だけ見ましたが
前半終了直後に決まった
R・ロドリゲスのFKが
決勝点になったみたいです。

ハーフタイム中の現地解説者?が
語気を荒げて「モントリーヴォ!」
って連呼していたとおり
モントリーヴォがインターセプトされ

法外な年俸を払って引き留めた
ドンナルンマのスーパーセーブに
救われたワンシーンは
ここ数年の低迷時に
よく見かけた光景で

強いミランの象徴
中盤の制圧力が現時点では
取り戻されておらず
ここを再構築して欲しいのと

DFのボヌッチやロマニョーリが
合流した後は
是が非でも減らして
もらいたいシーンでした。

大勝したバイエルン戦と
同じスタメンでこれだけ
出来に差が出ると
親善試合ムードのある
ICC 2017と真剣勝負の
EL予備予選では

1点の重みやアウェイでの
厳しさ等、全く別物で
サッカーの原点を再確認する
試合になりました。

8月3日のホームゲームで
無事に本戦出場を獲得し
低迷期から復活の狼煙を
上げて欲しいですね。

Forza!!! Milan
(頑張れ!!!ミラン)

【News&Topics】

タグ:AC Milan UEFA EL
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017-18 AC Milan(ミラン)全日程 [AC MILAN(ミラン)]

2017-18シーズンセリエAの
日程が発表されました。
17-18seriea.jpg
19節×2試合(ホーム&アウェイ)
全38節、ミランの日程を抜粋。

2017-18セリエA参加クラブ
(昨シーズン順位で記載)
01:JUVENTUS(ユヴェントス)
02:ROMA(ローマ)
03:NAPOLI(ナポリ)
04:ATALANTA(アタランタ)
05:LAZIO(ラツィオ)
06:MILAN(ミラン)
07:INTER(インテル)
08:FIORENTINA(フィオレンティーナ)
09:TORINO(トリノ)
10:SAMPDORIA(サンプドリア)
11:CAGLIARI(カリアリ)
12:SASSUOLO(サッスオーロ)
13:UDINESE(ウディネーゼ)
14:BOLOGNA(ボローニャ)
15:CHIEVO VERONA(キエーヴォ・ヴェローナ)
16:GENOA(ジェノア)
17:CROTONE(クロトーネ)
18:■SPAL(スパル)
19:■HELLAS VERONA(エラス・ヴェローナ)
20:■BENEVENTO(ベネヴェント)
(■セリエBからの昇格組)

※SPALの正式名称は
S:ソシエタ
P:ポリスポルティーヴァ
A:アルス・エト
L:ラボル(2013)なので

シーズン中の記載も
スパルではなく略称の
SPALにする予定です。

※左側記載がホームチーム
折り返しの後半戦(20節以降)は
ホーム&アウェイを入れ替えて対戦。

第1節:クロトーネ×ミラン
第2節:ミラン×カリアリ
第3節:ラツィオ×ミラン
第4節:ミラン×ウディネーゼ

第5節:ミラン×SPAL
第6節:サンプドリア×ミラン
第7節:ミラン×ローマ
第8節:インテル×ミラン

第9節:ミラン×ジェノア
第10節:キエーヴォ×ミラン
第11節:ミラン×ユヴェントス

第12節:サッスオーロ×ミラン
第13節:ナポリ×ミラン

第14節:ミラン×トリノ
第15節:ベネヴェント×ミラン
第16節:ミラン×ボローニャ
第17節:ヴェローナ×ミラン

第18節:ミラン×アタランタ
第19節:フィオレンティーナ×ミラン

【寸評】

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

バイエルン×ミラン(ICC 2017) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ(イタリア)
DF:アバーテ(イタリア)
DF:サパタ(コロンビア)
DF:ムサッキオ(アルゼンチン)
DF:R・ロドリゲス(スイス)
MF:ケシエ(コートジボアール)
MF:モントリーヴォ(C)(イタリア)
MF:ボナヴェントゥーラ(イタリア)
FW:ニアン(フランス)
FW:クトローネ(イタリア)
FW:ボリーニ(イタリア)



前半


後半
バイエルン 0-4 ミラン
0-1 14分 ケシエ(ミラン)
0-2 25分 クトローネ(ミラン)
0-3 43分 クトローネ(ミラン)
0-4 85分 チャルハノール(ミラン)

惨敗したドルトムント戦
大勝したバイエルン戦

ICC 2017たった2試合の
相対評価でアレコレ
言うのは時期尚早ですが

新加入選手が次々と
結果を出し、既存の
選手達も良い刺激を受けて

高い位置からのプレス
ラインをコンパクトに保ち
サイドを上手く使って
攻撃を組み立てるなど
近代サッカー勝利の方程式を
繰り出していました。

あくまでプレシーズンマッチなので
この戦術を染みこませていき
EL予備予選から始まる
17-18シーズン公式戦で
発揮出来るよう、チーム全体で
(この感動を)共有していくのが
今やることかな?と思いました。


【News&Topics】
今はバイエルンを指揮している
10年前最後に欧州制覇した
ミランの監督だったアンチェロッティが
ブンデスリーガでのライバル
ドルトムントに痛めつけられた
古巣に忖度してくれたかは
誰も知る由がありません。
メキシコのモンテレイは
21日、ミランの
アルゼンチン代表DF
レオネル・ヴァンジョーニ(30)
を完全移籍で獲得
したことを発表した。

ところてん方式で
既存の選手達が
出て行くのを危惧する
書き込みを繰り返しましたが

負け試合でも勝ち試合でも
チャンスを作るのがほとんど
新加入選手なのを見ていると
素人の目利きよりプロの
スカウティングが遙かに
凄いんだなと舌を巻きます。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ACミランNews(2017/07/21) [AC MILAN(ミラン)]

ジェノアは18日、
ミランからイタリア代表FW
ジャンルカ・ラパドゥーラを
獲得したことを正式発表した。

契約はレンタル移籍となるが、
完全移籍での獲得が
義務付けられたものとなる。

前回のNewsで軽く触れた
ラパドゥーラ移籍の話題。

背番号9を新加入した
アンドレ・シルヴァが
つけることになったので
何となく予想できていました

「勝点ATM」サンマリノ代表との
テストマッチでハットトリックを
決めたことが少しでも
セールスポイントになれば
いいと思っていたところに

全員が機動力で戦況を
打開する今のジェノアは
スペースを探し回って
遮二無二パラダイスする
ラパドゥーラにとって
良い移籍になるかもしれません。

既存の選手を続々放出
しているミランは18日
ICC2017(インターナショナル・
チャレンジ・カップ2017)において
ミラン 1-3 ドルトムント

0-1 16分 シャヒン
0-2 20分 オーバメヤン
1-2 24分 バッカ
1-3 62分 オーバメヤン

まだ主力選手が
揃っていないとはいえ
ドルトムントに惨敗。

単独で試合記事を
書こうかと思いましたが
あまりにもぶざまさんなので

ダゾーンの見逃し配信で
チェックする気持ちが起きず
結果だけ添付する形としました。

そのICC視聴に関してですが
980円 ダゾーン(docomo)
3980円スカパー
(欧州サッカーセット)だと
前者を選択すると思います。

シーズン開幕までの
節約方法として
3980円→540円(Ch609)
「通称:尾形春水チャンネル」で
BSスカパー!の視聴権利だけは
確保していく手段があります。


ミランのマッシミリアーノ・ミラベッリ
・スポーツディレクター(SD)は
19日『ミランTV』に、スペイン人
FWスソとU-21イタリア代表
MFマヌエル・ロカテッリが、
譲渡不可能であると語った。

ミラベッリSDは、インタビューで
「スソとロカテッリは放出しない。
それに、スソに関してはじきに
契約を更新する」とコメント。

さらに、「なぜもっと早く契約を
更新しなかったのかというのは、
優先すべきことがほかに
あったからだ」とその理由を明かした。

大型契約を尻目に
インスタに〇カップル写真を
上げ続ける「EL出場権GET
最大の功労者」スソの契約を
どうするんだ?と思っていましたが

どうやら門外不出の選手として
分別していたので良かったです。

ロカテッリに関して言わせて貰うと
放出しないのであれば
多少の不振に目を瞑ってでも
起用し続けて欲しいなと思います。

低迷期から現在、派手に
行われている大型契約の
裏で割を食うイタリア人選手が
多く見受けられる今のミランで
本人の才能任せにしてしまうと

モントリーボ以上ピルロ未満な
選手になりそうな恐れがあるので
そこは避けていただきたい。
(Azzurriのベンチではなく
スタメンになって欲しいので)

ミランは20日、イタリア代表
DFレオナルド・ボヌッチの
正式加入をクラブ
公式サイトで発表した。

ボヌッチは、移籍合意時の
発表どおり、2022年までの
5年契約にサイン。

ユヴェントスは19日、
ミランに所属する
イタリア代表DF
マッティア・デ・シリオを
獲得したと発表した。
2022年6月30日までの
5年契約を締結している。

デ・シリオは1992年
生まれの24歳。
ミランの下部組織出身で、
2011年からトップチームで
プレーしている。

(中略)

ユヴェントスは今夏の
移籍市場でイタリア代表
DFレオナルド・ボヌッチが
ミランへ電撃移籍したが、
トレードのような形で
デ・シリオを獲得することとなった。

能力・実績等ボヌッチの方が
デ・シリオよりも上ですが
タンパリングを疑うほど渇望していた
ユヴェントス及びアッレグリ指揮下で
水を得た魚のように躍動する
デ・シリオの姿が容易に想像できます。

生え抜き選手を冷遇してまで
大型補強に踏み切った
今シーズンのミランは
素人目にもハッキリと認識出来る
成績を残すことが必要だと思います。

アルバニア・サッカー連盟は
19日、同代表監督に
元イタリア代表の
クリスティアン・パヌッチ氏を
招へいしたと、フェイスブック
で正式発表した。

素人目にもハッキリ強いと
認識出来たかつての
グランデ・ミラン(偉大なるミラン)
でデ・シリオの先輩に当たる
サイドバック、パヌッチが

W杯予選で母国イタリアと
同組のライバル、アルバニア
代表の監督に就任しました。

前任のデ・ビアージから
引き続きイタリアイズムを継承し
2大会連続になる
2020年のEURO本戦出場を
最大の目標にするそうです。

タグ:AC Milan
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ