So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリア×サンマリノ(2017/05/31) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリア代表のジャンピエロ・ヴェントゥーラ
監督は25日、31日に行われる
サン・マリノ代表とのテストマッチに
向けて、22人の代表メンバーを発表した。

イタリア国内のエンポリで開催される
サン・マリノ戦に向けて、ヴェントゥーラ
監督は若手主体のメンバーを招集。

4月にもトレーニング合宿を行っており、
今回が3度目の合宿となるが、
初めてテストマッチを組むこととなった。

なお、6月7日にはニースで
ウルグアイ代表とのテストマッチが
予定されているが、こちらは正規の
代表メンバーで挑むこととなる。

▼GK
ピエルルイージ・ゴッリーニ(アタランタ)
シモーネ・スクフェット(ウディネーゼ)

▼DF
クリスティアーノ・ビラーギ(ペスカーラ)
ダヴィデ・カラブリア(ミラン)
マッティア・カルダーラ(アタランタ)
フェデリコ・チェッケリーニ(クロトーネ)
アンドレア・コンティ(アタランタ)
エメルソン(ローマ)(負傷離脱)
アレックス・フェラーリ(ヴェローナ)
ジャンマルコ・フェラーリ(クロトーネ)

▼MF
ダニエレ・バデッリ(トリノ)
ダニーロ・カタルディ(ジェノア)
ロベルト・ガリャルディーニ(インテル)
ロレンツォ・ペッレグリーニ(サッスオーロ)

▼FW
ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)
ディエゴ・ファルチネッリ(クロトーネ)
ロベルト・イングレーゼ(キエーヴォ)
ジャンルカ・ラパドゥーラ(ミラン)
アンドレア・ペターニャ(アタランタ)

追加
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
ジャンルカ・カプラーリ(ペスカーラ)

イタリアのスタメン
GK:[1] スクフェット(ウディネーゼ)
DF:[2] コンティ(アタランタ)
DF:[3] カルダーラ(アタランタ)
DF:[15]GMフェラーリ(クロトーネ)
DF:[3] ダンブロージオ(インテル)
MF:[5]ガリャルディーニ(インテル)
MF:[18]バデッリ(トリノ)
FW:[7] ベラルディ(サッスオーロ)(C)
FW:[10]ペターニャ(アタランタ)
FW:[9] ラパドゥーラ(ミラン)
FW:[21]キエーザ(フィオレンティーナ)

イタリア 8-0 サンマリノ
1-0 10分 ラパドゥーラ
2-0 13分 フェラーリ
3-0 16分 ペターニャ
4-0 19分 ラパドゥーラ
5-0 48分 カルダーラ
6-0 50分 ラパドゥーラ
7-0 58分 ポリターノ
8-0 65分 OG(ボニーニ)


若手主体のイタリア代表
(Young Azzurri)が
「勝点銀行」サンマリノに
圧勝し、ミランのアタッカー
ラパドゥーラがトリプレッタ
(3得点)を決めるなど
大活躍しました。



続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ACミランNews(2017/06/01) [AC MILAN(ミラン)]

2016-17シーズンが終了し
欧州サッカーシーズンオフになる
毎年6月辺りは自分の
趣味コンテンツが軒並み
閑散期になるので
ブログの更新頻度が
少なくなります。

4年に一度のW杯や
EUROがある年は別ですが
2017年はどちらも
開催されません。

なので試合記事の
文末に添えている
【News&Topics】の
拡大バージョンとして

ACミランに関する
大小様々なニュースを
書いていこうかなと思います。


モンテッラ監督と契約を
2019年6月まで1年延長しました。

ユヴェントスを下しての
スーペル・コッパ優勝
繰り上げとは言え
来期EL出場権獲得

中国資本が入って
選手・戦力を整えたとき
どこまでやれるか?
真価が問われます。

同監督は自身のツイッターで
「ミランとの冒険を続けられて嬉しいよ。
信頼してくれるクラブとファンに感謝したい。
新たな目標に向けて取り組んでいくよ」
とコメントしている。

ミランは30日、ビジャレアルから
アルゼンチン代表DF
マテオ・ムサッキオを獲得したことを、
クラブ公式サイトで正式発表した。

中国人新オーナーのもと、
今夏の補強第1号となった。
(中略)
現在26歳のムサッキオは、
2009年夏に
母国のリーベル・プレートから
ビジャレアルに移籍。

2010年2月にリーガ・エスパニョーラ
でデビューを果たした。

早速、中国資本による
「爆買い」が始まったのでしょうか?
ザルディフェンスに加え
「退場王」パレッタの穴を
埋めるであろうDFから
補強してくるところに
改革の匂いがします。
(尻すぼみにならなければいいのですが)

「私の父の古い教育もあって、
私は、彼らがミラン以外と試合を
する時にはインテルを常に応援した」
と語ると「誰かしらを不快な
気持ちにしてしまうかもしれないが、
私は同じようにレアル・マドリードと
対戦するユヴェントスを応援する。
フォルツァ・ユーヴェ(がんばれ、ユーヴェ)!」
と言明。イタリア・ファーストの考えで
あることを明言している。

自分自身も
Forza!!! Milan(頑張れミラン)
Forza!!! Azzurri(頑張れイタリア代表)
の精神で今回の決勝は
言うほど色が濃くなかった
「恋(濃い)ぴんく」のJuve
ポロシャツを買った縁もあり

Forza!!! Juveで行こうと
思っていたので
ごくごく普通の話だと
素直に受け止めたい反面

前オーナー目線で
2007年の戴冠を最後に
7回(欧州2位)で
頭打ちになっている
元我が軍に対し

2007年時点9回で
欧州1位だったマドリーが
10回11回と優勝を積み重ね

今回優勝すれば連覇と
同時に12回目の戴冠となり
水を開けられるのが嫌で
ビジネス・フォルツァ・ユーヴェ?
(Forza!!! Juve)と穿った目で
見てしまう「ぁまのじゃく」な私。

憶測の段階で言及するのは
どのコンテンツでも
あまりしたくないのですが
2回目以降の更新で
正式決定の記事が
書けることを願って
添付しておきます。


このような形でシーズンと同様
週刊で書くことができれば
理想ですがACミランの動向と
自分の体調との兼ね合いで
更新頻度は変化すると思います。

タグ:AC Milan
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ