So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の5件 | -

20170623~THE INSPIRATION !~日本武道館 雑記 [モーニング娘。]

2017年6月23日(金)
日本武道館にて行われました
モーニング娘。'17 コンサートツアー春
~THE INSPIRATION !~を
観てきました。

fantasista2181.jpg

OA(オープニングアクト)
就活センセーション/つばきファクトリー

-セットリスト-

オープニングVTR

01.BRAND NEW MORNING

02.メドレー
・One・Two・Three
・そうだ!We're ALIVE&Help me!!
・恋愛ハンター&恋愛レボリューション21

03.SONGS

04.そうじゃない

05.愛の軍団

-MC-

06.私の何にもわかっちゃいない

07.セクシーキャットの演説

08.Tokyoという片隅

-MC-(小田・野中・牧野)

09.シルバーの腕時計
(歌:譜久村・横山 ラップ:生田・加賀)
10.Give me 愛(10期・13期)
11.Please!自由の扉(11期・12期・13期)

12.女子かしまし物語
-モーニング娘。'17 Version-

13.Loving you Forever

-MC-「THE INSPIRATION !」
羽賀朱音プレゼンツポエム朗読。
野中美希 作・主演
「こんな気持ち…初めて」

14.モーニングコーヒー

15.メドレー
・HOW DO YOU LIKE JAPAN?
~日本はどんな感じでっか?~
・TOP!
・ワクテカ Take a chance
・いきまっしょい!
・Moonlight night~月夜の晩だよ~
・What is LOVE?

-MC-

16.青春Say A-HA(新曲)

17.君の変わりは居やしない

18.わがまま 気のまま 愛のジョーク

-MC-

19.インスピレーション


-アンコール-(Encore)

20.(En1)ジェラシージェラシー

-MC-
モーニング娘。誕生20周年記念
「We are MORNING MUSUME。」
2017年秋ツアー開催発表

21.(En2)Happy大作戦

22.(En3)ブラボー!

【総評】

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ACミランNews(2017/06/19) [AC MILAN(ミラン)]

2016-17シーズンが終了し
欧州サッカーシーズンオフになる
毎年6月辺りは自分の
趣味コンテンツが軒並み
閑散期になるので
ブログの更新頻度が
少なくなります。

4年に一度のW杯や
EUROがある年は別ですが
2017年はどちらも
開催されません。

なので試合記事の
文末に添えている
【News&Topics】の
拡大バージョンとして

ACミランに関する
大小様々なニュースを
書いていこうかなと思います。

ミランは12日、ポルトの
ポルトガル代表FW
アンドレ・シルヴァを
獲得したと発表した。

契約期間は5年間で、
2022年6月30日まで。

現在ポルトガルの9番として
コンフェデレーションズカップに
出場している若きストライカー
を獲得してきました。

モンテッラ監督の構想外
と言われているバッカや

大物ストライカー招聘のため
トレードの駒になるかも
しれないラパドゥーラなど

余剰戦力と言われた
攻撃陣も大幅な刷新が
行われるかもしれません。

ミランは14日、元イタリア代表
GKクリスティアン・アッビアーティ氏
がクラブ・マネージャーに
就任したことを正式発表した。

翌日、訪れることになる
悪報を予期したのか?
当時16歳でデビューした
GK売り出しに躍起になる中
引退セレモニーもせず
現役生活を終わらせて
しまったことに対する
禊に見える契約となりました。

ミランは15日、イタリア代表GK
ジャンルイジ・ドンナルンマが契約を
延長しないことをクラブ公式サイトで発表した。

ドンナルンマの契約は2018年6月30日で
満了を迎えるため、移籍金が発生する
今夏での移籍が決定的となった。

(中略)

ドンナルンマはミランの下部組織出身で、
2015年10月25日に16歳と8カ月で
セリエAデビューを果たし、
そのまま正GKの座を確保。

2016年9月1日にはフランス代表との
国際親善試合に途中出場し、
イタリア代表最年少記録の
17歳189日でデビューを飾った。

今シーズンもリーグ戦全38試合
でフル出場し、ミランの守護神
として君臨していた。

代理人ライオラの「手練」が
ミランだけではなくイタリアを飛び越え
ヨーロッパ全体まで混乱が波及するほど
大事件となってしまいました。

ミランとの契約延長を
拒否し、退団の可能性が
強まっているイタリア代表GK
ジャンルイジ・ドンナルンマの
代理人を務めるミーノ・ライオラ氏
が、ミランを強く非難した。

(中略)

ライオラ氏はミランに対して
「あまりにも敵意ある、横暴な雰囲気がある。
モラルハラスメントに近いものだ」と話し、
同クラブのやり方を非難すると
「お金が問題になったことは決してない。
ほかのクラブと合意してもいない。
我々はこの問題はなかった。

高額移籍金契約を次々とまとめ
手数料で左うちわを仰ぎ続けた
「手練」を今回も見せたかと思われましたが
クライアントが18歳の青年だったため
これまで溜め続けていたヘイトが
一気に爆発した形になり
本人がメディアを介し釈明に追われました。

当の本人は参加している
U-21欧州選手権の会場で
偽札を投げ込まれ金の亡者と
皮肉られるハプニングに
見舞われるなどフロント批判という
テンプレ通りの釈明では
済まされない状況になってきています。

【セルフサービス】
「手練」
「しゅれん」(熟練したあざやかな手ぎわ。)
「てれん」(人をだまして操る手段。)
お好みに応じてお使いください。

ヴィンチェンツォ・モンテッラ
(1974年6月18日生まれ)
ファビオ・カペッロ
(1946年6月18日生まれ)

現在の監督と元監督が
同じ日に誕生日を迎えました。

カペッロ率いるローマで
モンテッラとチームメートだった
韮崎のあの人はいつまで
自分探しをするのでしょうか?

ミランのレジェンドであり、
イタリア代表としても活躍した
パオロ・マルディーニ氏が
プロテニスプレーヤーとして
デビューするようだ。

マルディーニ氏は今月26日、
49歳の誕生日を迎えるが、
サッカーだけでなくテニスでも
高い才能を見出したようだ。

マルディーニ氏は、ミラノの
アスプリア・ハーバー・クラブで
アスプリア・テニスカップの
ワイルドカード(主催者推薦)
を獲得したとのこと。

派閥争いだなんだでクラブや
協会など組織のど真ん中に
立てないとなると現役時代の
実績関係なしに横道に
逸れていくのはミランの
レジェンドも韮崎のあの人も
根っこの部分は同じなのでしょうか?


このような形でシーズンと同様
週刊で書くことができれば
理想ですがACミランの動向と
自分の体調との兼ね合いで
更新頻度は変化すると思います。

【編集後記】
体調不良代理出勤などが
原因で思っていることを推敲し
UPするまでの速度が遅くなり
結果が予想通りだったとしても

他人から見たら結果論の
後出しジャンケンにしか
見えない事象がいろいろな
ところで起きています。

タグ:AC Milan
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×リヒテンシュタイン(2018年W杯予選・6節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ペッレグリーニ(サッスオーロ)
MF:インシーニェ(ナポリ)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)

「2017年6月7日・11日 イタリア代表26名」


イタリア 5-0 リヒテンシュタイン
1-0 35分 インシーニェ
2-0 52分 ベロッティ
3-0 75分 エデル
4-0 83分 ベルナルデスキ
5-0 90+1 ガッビアディーニ

イタリアの選手交代等
60分 カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
66分 インモービレ
→エデル(インテル)
75分 ベロッティ
→ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

スペインとの得失点差を
意識しすぎたのか?
気負いすぎて空回りし
なかなかリヒテンシュタイン
のゴールを割ることが
出来ませんでした。

打開の狼煙を上げたのは
親善試合の対ウルグアイ戦から
好調をキープしていた
インシーニェで、彼の右足から
生まれた先制点でようやく
イタリアは起爆しました。

ウルグアイ戦での記事で
攻撃のバリエーションが
ことごとくフィットしたと
曖昧な表記で
お茶を濁しましたが

細かく表記すると
一番に上がるのが
インシーニェの繰り出す
パス・シュート・ドリブル等の
縦横無尽なプレーで

その次が途中から
投入された選手達が
ゴールやアシストに
関与したことが
結果的に2戦連続で
劇的な勝利の方程式に
なった気がしますが

好不調関係なく
ヴェントゥーラ監督が
決めたプランを粛々と
遂行している賜物だと
考える方が妥当だと思いました。

この戦法が熟成すると
この先のAzzurri(イタリア代表)
への期待が高まるの
ではないでしょうか?

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

グループG 6節 その他の結果
マケドニア 1-2 スペイン
イスラエル 0-3 アルバニア

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
6節終了時順位
=1:勝点16 スペイン(+18)
------------------(本戦出場)
=2:勝点16 イタリア(+14)
------------------(プレーオフ)
↑3:勝点9 アルバニア(-1)
↓4:勝点9 イスラエル(-3)
=5:勝点3 マケドニア(-5)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-23)

順位表参考文献
(Uefa.com)
(順位表全体)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
11試合 9勝2分1敗

戦績ログ


続きを読む


nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

ACミランNews(2017/06/10) [AC MILAN(ミラン)]

2016-17シーズンが終了し
欧州サッカーシーズンオフになる
毎年6月辺りは自分の
趣味コンテンツが軒並み
閑散期になるので
ブログの更新頻度が
少なくなります。

4年に一度のW杯や
EUROがある年は別ですが
2017年はどちらも
開催されません。

なので試合記事の
文末に添えている
【News&Topics】の
拡大バージョンとして

ACミランに関する
大小様々なニュースを
書いていこうかなと思います。

ミランは6日、イタリア人
GKマルコ・ストラーリとの
新契約を正式発表した。

(中略)

従来の契約は今シーズン
限りの6月30日までと
なっていたが、2018年
6月30日までの新たに
1年間の契約を結んでいる。

敏腕(悪徳)代理人の
※「手練」で未だ契約を更新しない
18歳の正GKを尻目に
縁の下の力持ちを
受け入れた40歳のGKと
1年の延長となる契約を
新たに結びました。

ミノ・ライオラを検索した後
※「手練」を「しゅれん」(熟練した
あざやかな手ぎわ。)と読むか?
「てれん」(人をだまして操る手段。)
と読むか?は貴方の主観にお任せします。

ミランは8日、ヴォルフスブルクから
スイス代表DFリカルド・ロドリゲス
を獲得したと発表した。
契約期間は2021年
6月30日までの4年間。

6連覇を成し遂げたユーヴェで
6年間ずっと在籍していた
6人のLE6END(LEGEND)の一人
リヒトシュタイナーの成功譚を
真似たのか?スイス代表の
サイドバックを獲得してきました。

ずっと噂されているミラン生え抜き
デ・シリオの去就に大きく影響
しそうな補強で、噂通りデ・シリオが
ユーヴェに移籍したら玉突きで
よく言えば世代交代、悪く言えば
経年劣化でリヒトシュタイナーが
ユーヴェを去る皮肉な結果に
なるかもしれません。

攻撃は最大の防御とでも
言わんばかりに、金銭的に
余裕が無かったときは
低額で獲得出来る攻撃陣を
余剰戦力になるほど
かき集めていたのに

いざ、潤沢な資金が手に入ると
一転してあれほど懸念されていた
守備陣の穴を積極的に埋めていく
変わり身の早さに驚きを隠せません。

「貧すれば鈍する」ってことわざは
万国共通なのでしょうか?

このような形でシーズンと同様
週刊で書くことができれば
理想ですがACミランの動向と
自分の体調との兼ね合いで
更新頻度は変化すると思います。

タグ:AC Milan
nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×ウルグアイ(2017/06/07) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ドンナルンマ(ミラン)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:デ・ロッシ(ローマ)(C)
MF:マルキージオ(ユヴェントス)
MF:インシーニェ(ナポリ)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)

「2017年6月7日・11日 イタリア代表26名」


イタリア 3-0 ウルグアイ
1-0 07分 OG「オウンゴール」
2-0 83分 エデル
3-0 90+2 デ・ロッシ(PK)

イタリアの選手交代等
18分 マルキージオ(負傷)
→モントリーヴォ(ミラン)
46分 ベロッティ
→エデル(インテル)
57分 カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
64分 インシーニェ
→エル・シャーラウィ(ローマ)
81分 インモービレ
→ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel


スアレスもいない
カバーニもいない
でも、メディカルチェックに
引っかかってユーヴェを
追われミランを拒否った
カセレスはいる

そんなチグハグな
ウルグアイ代表を相手に
攻撃のバリエーションが
ことごとくフィットし
久しぶりにストレスフリーな
試合が見られました。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

【News&Topics】
U-20のイタリア代表は
準決勝でイングランドに敗れ
決勝進出はなりませんでした

が・・・

3位決定戦が奇しくも
A代表の親善試合と同じく
ウルグアイとの対戦になりました。

ヴェントゥーラAzzurriの成績
10試合 7勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ