So-net無料ブログ作成

オランダ×イタリア(2017/03/28) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

試合の重要度が
W杯予選>親善試合でも
チームとしての力量は
アルバニア<オランダなので
安易にターンオーバーせず
豪華な布陣を敷いてきた
Azzurri(イタリア代表)

イタリアのスタメン
GK:[12]ドンナルンマ(ミラン)
DF:[5] ルガーニ(ユヴェントス)
DF:[19]ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:[3] ロマニョーリ(ミラン)
MF:[22]ザッパコスタ(トリノ)
MF:[16]デ・ロッシ(ローマ)(C)
MF:[10]ヴェラッテイ(PSG/仏)
MF:[18]パローロ(ラツィオ)
MF:[4] ダルミアン(マン・U/英)
FW:[11]インモービレ(ラツィオ)
FW:[7]エデル(インテル)

「2017年3月24日・28日 イタリア代表27→26名」


前半


月島「ヒマワリ」
鶴田「J」に続く
テンション上げ三種の神器
代表選手が熱唱する
「イタリア国歌」
(リードヴォーカル・ブッフォン
不在のため、やや控えめ)

後半
オランダ 1-2 イタリア
1-0 10分 OG(ロマニョーリ)
1-1 11分 エデル
1-2 32分 ボヌッチ

イタリアの選手交代等
37分 デ・ロッシ(負傷)
→[8]ガリアルディーニ(インテル)
53分 インモービレ
→[9]ベロッティ(トリノ)
62分 ザッパコスタ
→[15]スピナッツォーラ(アタランタ)
69分 エデル
→[20]ペターニャ(アタランタ)
88分 ダルミアン
→[23]ダンブロージオ(インテル)
90分 ヴェラッティ
→[25]ヴェルディ(ボローニャ)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

監督更迭した直後の
ゴタゴタしているオランダ相手に
先制点を奪われたものの
早い時間で同点、逆転をし
勝利をもぎ取ったのはよかったです。
 
特筆すべきは
シュートの雨を浴びながらも
しっかり重責を果たした

イタリア代表GK史上
最年少18歳の
先発出場を果たした
ジャンルイジ・ドンナルンマ
(AC ミラン)

代表引退宣言したのを
三顧の礼で引き留めた
負い目があるのか?
一選手が監督よりも
権限を持つようになったり

ゲームキャプテンがこの
タイミングで前任指揮官を
賛美するコメントを出すと
何か嫌な予感がするのは
物事を穿って三杉淳でしょうか?

ヴェントゥーラAzzurriの成績
8試合 5勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

イタリア×アルバニア(2018年W杯予選・5節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

GK:ジャンルイジ・ブッフォンの
プロ通算1000試合出場記念
となったこの試合
612:ユヴェントス
220:パルマ
168:イタリア代表
----------
1000 (2017/3/24時点)

イタリアのスタメン
GK:[1] ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:[22]ザッパコスタ(トリノ)
DF:[15]バルザーリ(ユヴェントス)
DF:[19]ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:[2] デ・シリオ(ミラン)
MF:[16]デ・ロッシ(ローマ)
MF:[10]ヴェラッテイ(PSG/仏)
FW:[6] カンドレーヴァ(インテル)
FW:[11]インモービレ(ラツィオ)
FW:[9] ベロッティ(トリノ)
FW:[7] インシーニェ(ナポリ)

「2017年3月24日・28日 イタリア代表27→26名」


前半

後半
イタリア 2-0 アルバニア
1-0 12分 デ・ロッシ(PK)
2-0 71分 インモービレ

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel
 
基本4-2-4から頻繁な
ポジションチェンジが
いろいろなズレを生み出し

ファール応酬でプレーが
しょっちゅう止まったり
カウンターを食らって肝を冷やす
フラストレーションが客席まで誘発し

アルバニアサポーターが
持ち込んだ発煙筒を
投下したことで試合を
中断させる事態にまで発展。

激しい当たりや運動量が
要求された試合で
90分選手交代ゼロは
素人目には不安要素しか
思い浮かばないのですが

出場権獲得まで
勝点積立をしていく為に
想像の域を超える人選や
采配を振るってくるのは
万国共通なのでしょうか?
 
1000試合出場を達成した
ブッフォンは代表戦出場数で
W杯予選のライバル・スペインの
GKイケル・カシージャス
の167を更新。 

グループG 5節の結果
イタリア 2-0 アルバニア
リヒテンシュタイン 0-3 マケドニア
スペイン 4-1 イスラエル

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
5節終了時順位
=1:勝点13 スペイン(+17)
------------------(本戦出場)
=2:勝点13 イタリア(+9)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点9 イスラエル(0)
=4:勝点6 アルバニア(-4)
=5:勝点3 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-18)

順位表参考文献
(Uefa.com)
(順位表全体)
(グループGピックアップ)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
7試合 4勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年3月24日・28日 イタリア代表27→26名 [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアサッカー連盟(FIGC)は18日、
24日のロシア・ワールドカップ
欧州予選アルバニア戦と、
28日のオランダとの親善試合に臨む
イタリア代表メンバー27名を発表した。

イタリアサッカー連盟(FIGC)は20日、
2018 FIFAワールドカップ ロシア 
欧州予選と国際親善試合に臨む
同国代表の選手変更を発表した。

18日に発表されたイタリア代表メンバー
27名から、2選手が離脱。
MFフェデリコ・ベルナルデスキ
(フィオレンティーナ)と
FWマノロ・ガッビアディーニ
(サウサンプトン)が負傷により
離脱し、21歳のFWアンドレア・ペターニャ
(アタランタ)が追加招集された。

メンバー変更反映後の
イタリア代表26名は以下のとおり。
▼GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
アレックス・メレット(SPAL・セリエB)

▼DF
ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U/英)
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
マッティア・デ・シリオ(ミラン)
アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)
レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ)
ダビデ・ザッパコスタ(トリノ)

▼MF
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
ロベルト・ガリアルディーニ(インテル)
マルコ・パローロ(ラツィオ)
マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン/仏)
アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
ニコラ・サンソーネ(ビジャレアル/西)
シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)

▼FW
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
エデル(インテル)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
アンドレア・ペターニャ(アタランタ)

内訳
4:ユヴェントス
4:インテル
3:ミラン
3:国外
2:アタランタ
2:トリノ
2:ラツィオ
1:SPAL(セリエB)
1:フィオレンティーナ
1:ローマ
1:ナポリ
1:サッスオーロ
1:ボローニャ

発表後、怪我人・病人の
ニュースが続々と出てきて
状況が二転三転していますが
首位スペインと勝ち点差が同率で
得失点差の争いになっているので

勝利は勿論、ゴール数にも
こだわって戦いを
進めて欲しいと思います。

ヴェントゥーラ監督も
そういうことを
意図してか?攻撃的な
4-2-4のフォーメーションで
挑むみたいです。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
4節終了時順位
=1:勝点10 スペイン(+14)
------------------(本戦出場)
=2:勝点10 イタリア(+7)
------------------(プレーオフ)
↑3:勝点9 イスラエル(3)
↓4:勝点6 アルバニア(-2)
=5:勝点0 マケドニア(-7)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-15)

順位表参考文献
(Uefa.com)
(順位表全体)
(グループGピックアップ)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
6試合 3勝2分1敗

戦績ログ

続きを読む


タグ:azzurri
nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

16-17 セリエA 29節の結果と順位 [セリエA(SerieA)]

2016-17セリエA参加クラブ
(昨シーズン順位で記載)
01:JUVENTUS(ユヴェントス)
02:NAPOLI(ナポリ)
03:ROMA(ローマ)
04:INTER(インテル)
05:FIORENTINA(フィオレンティーナ)
06:SASSUOLO(サッスオーロ)
07:MILAN(ミラン)
08:LAZIO(ラツィオ)
09:CHIEVO VERONA(キエーヴォ・ヴェローナ)
10:EMPOLI(エンポリ)
11:GENOA(ジェノア)
12:TORINO(トリノ)
13:ATALANTA(アタランタ)
14:BOLOGNA(ボローニャ)
15:SAMPDORIA(サンプドリア)
16:PALERMO(パレルモ)
17:UDINESE(ウディネーゼ)
18:■CAGLIARI(カリアリ)
19:■CROTONE(クロトーネ)
20:■PESCARA(ペスカーラ)
(■セリエBからの昇格組)

16-17 セリエA 29節の結果

トリノ 2-2 インテル

ミラン 1-0 ジェノア

エンポリ 2-3 ナポリ

アタランタ 3-0 ペスカーラ

ボローニャ 4-1 キエーヴォ

カリアリ 0-0 ラツィオ

クロトーネ 0-1 フィオレンティーナ

サンプドリア 0-1 ユヴェントス

ウディネーゼ 4-1 パレルモ

ローマ 3-1 サッスオーロ

【Topics】

イタリア・セリエA 2016/17
29節終了時順位
=01:勝点73 ユヴェントス
=02:勝点65 ローマ
=03:勝点63 ナポリ
--------------------【CL】
=04:勝点57 ラツィオ 
=05:勝点55 インテル
--------------------【EL】
=06:勝点55 アタランタ
=07:勝点53 ミラン
=08:勝点48 フィオレンティーナ
=09:勝点41 サンプドリア
=10:勝点40 トリノ

=11:勝点38 キエーヴォ
=12:勝点36 ウディネーゼ
↑13:勝点34 ボローニャ
↑14:勝点32 カリアリ
↓15:勝点31 サッスオーロ
=16:勝点29 ジェノア
=17:勝点22 エンポリ
--------------------【降格】
=18:勝点15 パレルモ
=19:勝点14 クロトーネ
=20:勝点12 ペスカーラ

「2016-17 セリエA 全日程」

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

ミラン×ジェノア(16-17 29節) [AC MILAN(ミラン)]

90+7分でのPK献上で
ユヴェントスに敗戦の
怒りが収まらず
暴言のペナルティなどで
出場停止者を出し
(器物破損はユーヴェ側が
被害届を出さずお目こぼし)

累積警告者や
怪我人と合わせまたも
戦力不足となったミラン。
 
ミランのスタメン
GK:[99]ドンナルンマ
DF:[2]デ・シリオ(C)
DF:[29]パレッタ
DF:[17]サパタ
DF:[21]バンジョーニ
MF:[33]クツカ
MF:[91]ベルトラッチ
MF:[14]マティ・フェルナンデス
FW:[11]オカンポス
FW:[9]ラパドゥーラ
FW:[7]デウロフェウ


16-17 ミラン背番号


前半

後半
ミラン 1-0 ジェノア
1-0 33分 マティ・フェルナンデス

ミランの選手交代等
3分 ベルトラッチ(負傷)
→[73]ロカテッリ
74分 マティ・フェルナンデス
→[80]パシャリッチ
87分 ラパドゥーラ
→[31]アントネッリ
 
Presented by
AC Milan You Tube
Official Channel
 
CL8強抽選を前にして
ユーヴェの主将ブッフォン
は言いました。

「当たりたくないのはレスター」と

この時、ブッフォンの脳裏には
猟犬ハイプレスで11月に
ユーヴェに黒星を付けた
ジェノアがよぎっていたと憶測します。

「16-17 セリエA 14節の結果と順位」

ところがこの日のジェノアには
その面影はなく、ズルズルと
ラインを下げ、ミランのミスに
乗じて非効率なカウンターを
当てるだけに終始していた感じでした。

猟犬ハイプレスでシメオネJrの
ドッピエッタをお膳立てした一人
オカンポスが1月にミランへ移籍したり
前節ジェノバ・ダービーに
敗れたショックや会長のクラブ
売却意向のネガティブ要素蔓延が
より一層ジェノアの不調を
際立たせていました。

こんな漁夫の利に乗じた
ミランでしたが、こういう時に限って
上位陣が安泰で勝ち点差を
詰めることが出来ませんでした。

Forza!!! Milan

ACミランの2016-17
シーズン成績

29試合 16勝5分8敗 勝点53

「2016-17 ミラン全日程」

【News&Topics】

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ