So-net無料ブログ作成

リヴァプール×ミラン(ICC 2016) [AC MILAN(ミラン)]

2004-05シーズン
「ミラン敗北…天国から地獄へ(04-05 UEFA CL 決勝)」

2006-07シーズン
「ミラン×リバプール(UEFA CL決勝)」

のチャンピオンズリーグ決勝で
対戦したリヴァプールとミランが

米・カリフォルニア
リーバイス・スタジアムで
INTERNATIONAL
CHAMPIONS CUP
(ICC 2016)を戦うことに
ミランのスタメン(4-3-3)
GK:ガブリエウ
DF:アバーテ
DF:ヴェルガラ
DF:ロマニョーリ
DF:アントネッリ
MF:Zanellato
MF:ベルトラッチ
MF:モントリーヴォ(C)
FW:スソ
FW:ニアン
FW:L・アドリアーノ


前半
リヴァプール×ミラン
キックオフ!
前半終了
リヴァプール 0-0 ミラン

後半
後半開始!
59分 リヴァプール
オリジのゴール。
リヴァプール 1-0 ミラン
73分 リヴァプール
フィルミーノのゴール。
リヴァプール 2-0 ミラン
試合終了
リヴァプール 2-0 ミラン
1-0 59分 オリジ
2-0 73分 フィルミーノ

ミランの選手交代等
32分
ベルトラッチ(負傷)
→クツカ

46分
OUT
・L・アドリアーノ
・Zanellato
・ロマニョーリ
IN
・マトリ
・ポーリ
・パレッタ

68分 選手交代
OUT
・スソ
・ニアン
・アントネッリ
IN
・Honda
・ボナヴェントゥーラ
・カラブリア

【寸評】
×(ウィークポイント)
・サイドを破られゴール前へ
簡単にクロスを入れられる。

・そのクロスや放り込まれた
ボールの処理が曖昧。

・ディフェンスラインの裏を
簡単に破られGKの
スーパーセーブに賭ける
ギャンブルディフェンス

・バイタルエリアをお留守に
しすぎてシュートを簡単に
打たせてしまう

ウィークポイントが
露呈したことに加え
オリジの個人技
フィルミーノのDFラインの
裏を抜け出すうまさに
圧倒され完敗でした。

株式売却が滞り
補強が出来ないのであれば
このメンバーで戦うしかないので
プレシーズンの間に連携の
練度やチームワークを高める
ことを行ってほしいですね。

Forza!!! Milan

nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

バイエルン×ミラン(ICC 2016) [AC MILAN(ミラン)]

7/27アメリカ・シカゴで行われた
INTERNATIONAL
CHAMPION CUP
略して「ICC 2016」の
バイエルン×ミラン

ミランのスタメン(4-3-3)
GK:ドンナルンマ
DF:アバーテ
DF:パレッタ
DF:ロマニョーリ
DF:アントネッリ
MF:ポーリ
MF:モントリーヴォ(C)
MF:ベルトラッチ
FW:スソ
FW:ニアン
FW:ボナヴェントゥーラ

前半
キックオフ!
ニアンのゴールでミラン先制!
バイエルン 0-1 ミラン
ニアンのゴールシーン
29分 リベリーのゴール
バイエルン 1-1 ミラン
38分 アラバのゴール
バイエルン 2-1 ミラン
前半終了
バイエルン 2-1 ミラン

後半
後半開始
ベルトラッチのゴールで
ミランが同点に追い付く
バイエルン 2-2 ミラン
ベルトラッチの
ゴールセレブレーション
クツカのゴールで
ミランが逆転!
バイエルン 2-3 バイエルン
相手DFに当たって入った
クツカのミドルシュート
90分 リベリーが
PKを決め同点
バイエルン 3-3 ミラン
試合終了
バイエルン 3-3 ミラン
レギュレーションにより
PK戦で決着をつけることに
バイエルン 3-3 ミラン
(PK戦:3-5)
0-1 23分 ニアン(ミラン)
1-1 29分 リベリー(バイエルン)
2-1 38分 アラバ(バイエルン)
2-2 49分 ベルトラッチ(ミラン)
2-3 61分 クツカ(ミラン)
3-3 90分 リベリー(PK)(バイエルン)

ミランのPKメンバー
〇Honda
〇マトリ
〇クツカ
〇ロマニョーリ
〇ボナヴェントゥーラ

ミランの選手交代等
46分 アバーテ→クツカ

62分
OUT
・ベルトラッチ
・ニアン
・アントネッリ
・スソ
IN
・Zanellato
・ロドリゴ・エリー
・Honda
・マトリ

80分
OUT
・ポーリ
・モントリーヴォ
IN
・ヴェルガラ
・エル・ヒラリー

〇(ストロングポイント)
・機動力あるFWの躍動
・中盤の連携・構築が噛み合う
・サイドアタックの補助が利く

×(ウィークポイント)
・サイドを破られゴール前へ
簡単にクロスを入れられる。

・そのクロスや放り込まれた
ボールの処理が曖昧。

・ディフェンスラインの裏を
簡単に破られGKの
スーパーセーブに賭ける
ギャンブルディフェンス

・バイタルエリアをお留守に
しすぎてシュートを簡単に
打たせてしまう

株式売却がうまくいかないので
補強がままならず
昨シーズンとほぼ同じ
メンバーで戦っているので

コピペ流用してきた
ストロングポイントと
ウィークポイントが
そのまま現われた
感じがしました。

Forza!!! Milan

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016-17 ミラン全日程 [AC MILAN(ミラン)]

2016-17シーズンの
セリエA日程が発表され
ミランの対戦相手も
決まりました。

※「全日程」と表記しましたが
あくまでリーグ戦(セリエA)での
日程でして、コッパ・イタリア等は
記載しておりません。

2016-17セリエA参加クラブ
(昨シーズン順位で記載)
01:JUVENTUS(ユヴェントス)
02:NAPOLI(ナポリ)
03:ROMA(ローマ)
04:INTER(インテル)
05:FIORENTINA(フィオレンティーナ)
06:SASSUOLO(サッスオーロ)
07:MILAN(ミラン)
08:LAZIO(ラツィオ)
09:CHIEVO VERONA(キエーヴォ・ヴェローナ)
10:EMPOLI(エンポリ)
11:GENOA(ジェノア)
12:TORINO(トリノ)
13:ATALANTA(アタランタ)
14:BOLOGNA(ボローニャ)
15:SAMPDORIA(サンプドリア)
16:PALERMO(パレルモ)
17:UDINESE(ウディネーゼ)
18:■CAGLIARI(カリアリ)(B1位)
19:■CROTONE(クロトーネ)(B2位)
20:■PESCARA(ペスカーラ)(B4位・PO)
(■セリエBからの昇格組)

今シーズンの対戦相手を
昨シーズンの順位で羅列し
ミランと比較する目安に。



1節:ミラン×トリノ(H)

2節:ナポリ×ミラン

3節:ミラン×ウディネーゼ(H)

4節:サンプドリア×ミラン

5節:ミラン×ラツィオ(H)

6節:フィオレンティーナ×ミラン

7節:ミラン×サッスオーロ(H)

8節:キエーヴォ×ミラン

9節:ミラン×ユヴェントス(H)

10節:ジェノア×ミラン

11節:ミラン×ペスカーラ(H)

12節:パレルモ×ミラン

13節:ミラン×インテル(H)

14節:エンポリ×ミラン

15節:ミラン×クロトーネ(H)

16節:ローマ×ミラン

17節:ミラン×アタランタ(H)

18節:ボローニャ×ミラン

19節:ミラン×カリアリ(H)

20節以降の後半戦は
ホーム&アウェイを
入れ替えて対戦。

【寸評】
開幕戦でいきなり
解任した指揮官
ミハイロビッチが率いる
トリノと対戦する
こととなりました。

メディアに煽られる
開幕戦に続き
昨シーズン(0-4 1-1)と
分が悪い2位ナポリと
2節で当たりハードな分
ウディネとサンプ戦で
取りこぼしが無いようにしたい。

ラツィオ、ヴィオラの強豪と
苦手サッスオーロとの連戦
そして9節の王者ユーヴェ
戦が一つの山か?

王者ユーヴェを
ホームに迎えますが
これとホームで迎える
ミラノダービーを取りこぼすと
シーズン早々に自力優勝が
消滅しそうなので注意したい。

一戦必勝のミラノダービーを
終えると一息付けるかと
思いますが、苦い経験が多い
クリスマス休暇前の
浮かれ気分で当たる
ローマ戦は要注意。

実際のクリスマス休暇前に
対戦するのはボローニャとで
お屠蘇気分が抜けきらない
年明け1戦目のカリアリ戦で
前半戦の折り返し。


株式売却の成否で
全てが変わる可能性があるので
多くを言及するには早計ですが

主力に怪我人が
出ないことを願うと同時に
8/31までの移籍市場で
戦力の上積みがあるのか?

プレシーズンマッチの
出来と共に今、注目
すべき点は大体
この辺りでしょうか?

Forza!!! Milan
(頑張れミラン)

nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

ACミラン News(2016/07/18) [AC MILAN(ミラン)]

前回のACミラン Newsで

「ACミラン News(2016/7/12)」
2016年6月30日をもって
ミランの公式日本語サイト
日本語公式Twitter
日本OfficialShopが
軒並み閉鎖、閉店したので

と書いた途端
日本OfficialShopが
再オープンしました。
(海外と併合?)

MILAN STORE
公式オンラインジャパンストア

選手・コーチ・暫定監督と
のべ37年ACミランに所属した
マウロ・タソッティと双方合意で
契約を解除。

W杯でルイス・エンリケ
(現バルセロナ監督)に
見舞ったヒジ打ちが
今でも印象に残っています。

ミランのプリマヴェーラ
(ユースチーム)に所属していた
クリスティアン・マルディーニは

祖父、父のようにミランでの
トップチームデビューは叶わず
3部リーグのレッジャーナに
加入することになりました。

このクラブ(ACレッジャーナ1919)の
株式を過半数所有しているのは
ドジャースで野茂英雄氏と
バッテリーを組み、今年MLBの
殿堂入りをしたマイク・ピアザ氏です。

マラガの海の贈り物となった
神童マストゥールはマラガで
出番に恵まれず今度は
オランダで武者修行へ。

イタリアとモロッコどちらの
代表を選ぶかで
後者を選んだ途端
ミランが冷遇したのが
露骨すぎてワロス・ベルカンプ

グランデ・ミラン
(偉大なるミラン)
に貢献したアタッカー
アンドリー・シェフチェンコが
母国ウクライナの
代表監督に就任。

シェフチェンコのように
政治家か代表監督かを
迫られた(経験した)と言えば

W杯で日本のゴールに
オーバーヘッドシュートを
打ち込んだかと思えば

国会議員として首相官邸に
ゴディバチョコを持参したり
先のEURO 2016で
ベルギー代表監督として
期待にそぐわぬ結果で
契約解消したウィルモッツ
を思いだしました。

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

ボルドー×ミラン(PSM) [AC MILAN(ミラン)]

PSM:プレシーズンマッチ

ヴィンチェンツォ・モンテッラ
監督の初陣となるPSM

フランスへ遠征しフランスリーグアン
昨シーズン11位のボルドーと対戦。

ミランのスタメン(4-3-3)
GK:ドンナルンマ
DF:アバーテ(C)
DF:パレッタ
DF:ロマニョーリ
DF:アントネッリ
MF:ベルトラッチ
MF:ポーリ
MF:ボナヴェントゥーラ
FW:スソ
FW:メネズ
FW:ニアン


前半

後半
ボルドー 1-2 ミラン
0-1 28分 スソ
0-2 38分 スソ
1-2 75分 マルコム

中国(共同オーナー?)への
株式売却が未だ正式に
決まらなかったりなどで
新戦力の補強が滞っているので
昨シーズンから所属している
選手達中心で戦いました。

怪我等で離脱していた
選手が戻り、その中から
昨シーズンレンタル移籍で
ジェノアへ放出した
スソが一皮むけて
帰ってきたという
結果になりました。

出先のジェノアでトリプレッタ
(ハットトリック)したことを
悔し涙ぽろりしながら
「結果と順位」記事で
書いた記憶が蘇って来ました。

「15-16 セリエA 31節の結果と順位」

株式売却が決まらない
だけではなく高額の移籍金が
発生していたバッカが
移籍を拒否したりと

取らぬ狸の皮算用の
資金不足から選手を
手放す羽目になり

売却した移籍先で
大活躍する姿を
見せられるのだけは
勘弁して欲しいところ

今度こそミランで活躍
してくれることを期待します。


【今日のどぅーでもいいこと】
モンテッラがフィオレンティーナ
監督就任時から
馬鹿の一つ覚えで
ずっと書いたり思ったりしたことが
ミランの監督になったことで
頻度が増えそうです。

以下、馬鹿の一つ覚え

モンテッラが監督になる
ご時世でローマ時代の
同僚だった韮崎のあの人は
世界で培ってきた技術や経験を
下の世代へトリクルダウンする
気はないのでしょうか?

タグ:AC Milan
nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ