So-net無料ブログ作成

イタリア×スコットランド(2016/05/29) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

EURO 2016本大会に向けて
30人の候補者を選出した
イタリア代表コンテ監督

「EURO 2016 イタリア代表候補メンバー30名」

本大会でイタリアが対戦する
ベルギー
アイルランド
スウェーデンのうち

仮想アイルランド戦と
思われるスコットランドと対戦。

イタリアのスタメン(3-5-2)
GK:ブッフォン(C)(ユヴェントス)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ユヴェントス)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
MF:カンドレーヴァ(ラツィオ)
MF:フロレンツィ(ローマ)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ジャッケリーニ(ボローニャ)
MF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
FW:ペッレ(サウサンプトン/英)
FW:エデル(インテル)


前半
前半終了
イタリア 0-0 スコットランド

後半
イタリア 1-0 スコットランド
1-0 57分 ペッレ

イタリアの選手交代等
60分
・エデル→インシーニェ(ナポリ)
・ダルミアン→
ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)

62分
・カンドレーヴァ→パローロ(ラツィオ)

66分
・デ・ロッシ→ジョルジーニョ(ナポリ)
・ペッレ→ザザ(ユヴェントス)

80分
・ジャッケリーニ→
ボナヴェントゥーラ(ミラン)


狭いスペースにパスを入れ
くさびを打ち込んで
相手DFをこじ開けたり
1-0(ウノゼロ)で
辛勝するところが
イタリアらしい勝ち方
だったなと思いますが

このクラシカルなスタイルで
近代サッカーの申し子
ベルギーや戦術ズラタン
(イブラヒモビッチ)な
スウェーデンを御せるか

欧州中のサッカー関係者が
懐疑的に思っているところが
イタリアの評判が上がってこない
要因だと思われます。

リッカ(モントリーヴォ)も壊れ
先制点の基点になった
デ・ロッシの足の調子も
怪しく、イタリアサッカーの
要MFの人材難が
それに拍車を掛けます。
 
コンテAzzurri戦績
19試合10勝6分3敗
戦績ログ
〇勝ち△引き分け×負け

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

Jose United [サッカー(SOCCER)]

マンチェスター・Uは
27日、ジョゼ・モウリーニョ氏が
2016-17シーズンから
新指揮官に就任することが
決まったと、クラブ公式HPを
通じて発表した。

契約は3年間で、1年間の
延長オプションがついている。

FCポルトをヨーロッパ
チャンピオンに持っていったとき
掛けられた金メダルを
速攻、首から外し

「俺の冒険はまだ始まったばかりだ!」

と言わんばかりの
姿を見せたのが
2004年の今頃でした

2010年にはインテルを
イタリア勢初のトレブル
(リーグ・カップ・CLの三冠)
に導いたり、その他数々の
タイトルを手中にしてきました。

そんなモウリーニョがついに
サー・アレックス・ファーガソンの
遺伝子を汲んだ
マンチェスター・ユナイテッドの
監督に就任することとなりました。


低迷から栄光への
復権を目指すミランと共に
サッカー視野が狭まった
自分のリハビリも兼ねまして

来期から(Jose=ジョゼ)
モウリーニョ・ユナイテッドの
足跡と共にプレミアリーグも
見ていきたいと思います。

そして、セリエAと共に
プレミアリーグの結果や
順位にも言及したいと
思います。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ミラン移籍情報 2016年夏 Vol.1 [AC MILAN(ミラン)]

2015-16シーズンが終了し
ブログの更新ネタに
貧してきたのと

サッカーへの視野が狭くなり
ミランとイタリア代表くらいしか
追えていない現状を鑑み
言及出来るネタを見つけて
更新して行こうと思った次第です。

なので今夏はEURO 2016の
イタリア代表を中心とした結果と

ACミラン移籍情報の
二本柱でサッカー関連の
記事を書いていこうと思います。

ミランは24日、イタリア代表
MFリッカルド・モントリーヴォと
イタリア人DFルカ・アントネッリ、
U-21イタリア代表DF
ダヴィデ・カラブリアとの契約を
2019年6月30日まで
延長したことを発表した。


ベルルスコーニ会長が
クラブの株式を手放す
意向を示し、中国や
中東などと交渉が
進んでいるという話が
方々を騒がせていますが

株式売却後3年は
トップに居座りたいという
ベルルスコーニの要望を
汲んだ?イタリア人中心の
チーム作りの色合いが
強い契約となりました。

何度も私見を述べていますが
人種・国籍に関係なく
ミランの勝利や栄光に
寄与出来る人を所望します。

93/94シーズンのCL決勝
みたいなカタルシスをくれる
ミランが見たいのです。

シーズン終盤でミランの監督を
更迭されたミハイロビッチは
来シーズンはトリノの監督を
務めることになり

これによりミランは違約金を
払う事が無くなったので
上記の選手達との契約に
踏み切ることが出来たのでは?
と思ったりしました。

タグ:AC Milan
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

EURO 2016 イタリア代表候補メンバー30名 [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアサッカー連盟(FIGC)は
23日、ユーロ2016に向けた
イタリア代表候補メンバー
30名を発表した。
(中略)

イタリア代表は、ユーロ開催前に
2試合の国際親善試合を実施。

29日にマルタで
スコットランド代表と、
6月6日にはヴェローナで
フィンランド代表と対戦する。

本大会ではグループEに入り、
ベルギー代表、アイルランド代表、
スウェーデン代表と同組となっている。

発表されたメンバーは以下のとおり。
GK(PORTIERI)
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)
サルバトーレ・シリグ(パリ・サンジェルマン/仏)
フェデリコ・マルケッティ(ラツィオ)

DF(DIFENSORI)
ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
アンドレア・バルザーリ(ユベントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
ダニエレ・ルガーニ(ユベントス)
マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U/英)
アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム/英)
マッティア・デ・シリオ(ミラン)

MF(CENTROCAMPISTI&ESTEMI)
マルコ・ベナッシ(トリノ)
ステファノ・ストゥラーロ(ユベントス)
フェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
アントニオ・カンドレーバ(ラツィオ)
チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/仏)
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(ミラン)
リッカルド・モントリーボ(ミラン)
ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
エマヌエレ・ジャッケリーニ(ボローニャ)
ジョルジーニョ(ナポリ)
マルコ・パローロ(ラツィオ)
ダビデ・ザッパコスタ(トリノ)

FW(ATTACCANTI)
エデル(インテル)
チーロ・インモービレ(トリノ)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
シモーネ・ザザ(ユベントス)
グラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン/英)

内訳 ()は今シーズン順位
ユヴェントス:7人(1位)
国外:5人
ローマ:3人(3位)
ミラン:3人(7位)
ラツィオ:3人(8位)
トリノ:3人(12位)
ナポリ:2人(2位)
フィオレンティーナ:2人(5位)
インテル:1人(4位)
ボローニャ:1人(14位)

各国30人の代表候補を
徐々に発表していますが
最終的に本大会に進めるのは
23名になるのでしょうか?

どの記事を見てもいつまでに
何人に絞られるかの
注釈がないのでイマイチ
把握出来ていませんが
国際大会の規則に則って
行うなら23人に絞られるのでしょう。

大会まで期間が少ないためか
普段一緒にプレーをしている
メンバーや成績の良かった
クラブから多く選抜
されている気がします。

そのためかMLSでMVPを
獲得したジョビンコや
負傷者続出のMFの
救世主になり得るかの
賛否両論上がった
ピルロの選抜漏れにも
影響が出たのではないか?
と思いました。

タグ:azzurri EURO 2016
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ミラン×ユヴェントス(15-16 コッパ・イタリア決勝) [AC MILAN(ミラン)]

2015-16シーズンの
イタリアカルチョ(サッカー)も
残すところこの一戦のみ。

勝ってEL出場権を
手に入れたい
リーグ7位のミランと

史上初の二年連続
リーグ・カップの二冠を狙う
ユヴェントスとの対戦になった

2015-16 コッパ・イタリア決勝戦。

ミランのスタメン(4-3-3)
GK:ドンナルンマ
DF:カラブリア
DF:サパタ
DF:ロマニョーリ
DF:デ・シリオ
MF:ポーリ
MF:モントリーヴォ(C)
MF:クツカ
FW:本田
FW:ボナヴェントゥーラ
FW:バッカ

ミランの控え
GK:ディエゴ・ロペス
GK:アッビアーティ
DF:メクセス
DF:アレックス
MF:ホセ・マウリ
MF:ボアテング
MF:ロカテッリ
MF:ベルトラッチ
FW:メネズ
FW:バロテッリ
FW:ニアン
FW:L・アドリアーノ

「2015-16 ミラン背番号」


前半

後半

延長前半

延長後半
ミラン 0-1 ユヴェントス
0-1 110分 モラタ

ミランの選手交代等
84分 ポーリ→ニアン
108分 モントリーヴォ
→ホセ・マウリ
(C)はデ・シリオへ 
111分 クツカ→バロテッリ

ユヴェントスの選手交代等
62分 エブラ
→アレックス・サンドロ
75分 リヒトシュタイナー
→クアドラード
108分 エルナネス→モラタ

一戦必勝の決勝戦だけあって
今までのリーグ戦低迷は
なんだったの?ってくらい
ミランの選手ほぼ全員が
闘争心剥き出しでハイプレスや
チェイシングを行い勝利への
執念を見せていました。

これを38試合もある
リーグ戦で維持・継続させ
さらに優勝や欧州上位に
食い込む結果を出すには
戦力の充実が必要で

選手交代の時間や
決定機の仕事をした
人選を見ると

五連覇・史上初の
二年連続二冠を成し遂げた
ユヴェントスの方が
一枚上手だったと思いました。

イタリアで唯一、成功している
ユヴェントスのようになるには
スタジアム新築、迷惑客の排除他
それに伴った国内だけにとどまらない
クリーンイメージに付くスポンサーや
テレビ放映権などの収益が求められます。

腫瘍を看過・容認し
風邪薬・胃薬を投与して
効かねー効かねーと
喚いているだけの
暗黒期から脱することを
望みたいです。

オーナーにしろ選手にしろ
人種・国籍関係なく
ミランの勝利や栄光に
寄与出来る人が
来て欲しいです。

今シーズンはこれで
終了ですが
ロベルト・バッジョと
イタリア代表が見せてくれた
奇跡の余熱を引きずり

6月からの1ヶ月
EURO 2016
(欧州選手権)では
Azzurri(アズーリ)の
愛称で親しまれる
イタリア代表を
応援したいと思います。

その後8月から始まる
2016-17シーズンでは
強いミランの復活を
見られることを願い
今季のミラン足跡記事を
締めたいと思います。

Forza Milan!!!

【News&Topics】
会場が首都ローマにある
スタディオ・オリンピコで
行われるためか?
両クラブとも試合前日に
ローマに隣接する
バチカンを訪れ
ローマ法王と謁見しました。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ