So-net無料ブログ作成

スペイン×イタリア(2018年W杯予選・7節) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
勝点16で並ぶ首位スペインと
2位イタリアの天王山

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:スピナッツォーラ(アタランタ)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/仏)
FW:カンドレーヴァ(インテル)
FW:インモービレ(ラツィオ)
FW:ベロッティ(トリノ)
FW:インシーニェ(ナポリ)

2017年9月2日・5日 イタリア代表

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

スペイン 3-0 イタリア
1-0 14分 イスコ(FK)
2-0 41分 イスコ
3-0 77分 モラタ

イタリアの選手交代等
70分 ベロッティ&カンドレーヴァ
→ベルナルデスキ(ユヴェントス)
&エデル(インテル)

77分 インモービレ→
ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)

(イタリア目線で)完敗デス

同じフィールドプレーヤーで
パス・ポゼッションも出来る
ハイプレス・高速カウンターも出来る
ファンタジスタ(イニエスタ)が
テレビゲームのようなDFラインを
切り裂くスルーパスまで決められるなど

高い技術を持った選手を集め
連係練度を高めていくことが
近代サッカー勝利の必須条件
なことの再確認と

付け焼き刃のポゼッションで
失敗した「サッカルーズ」の
結果などを合わせて

ますます強者と弱者の
格差が広がっていくのを
目の当たりにしました。

あれだけ賞賛を浴びた
ヴェントゥーラの4-2-4が
一夜にして「限界」の
烙印を押されてしまったり
日進月歩どころか

音速の勢いで変化していく
サッカーについていくのに
精一杯です。

2018 FIFA WORLD CUP
ヨーロッパ予選 グループG
7節終了時順位
=1:勝点19 スペイン(+21)
------------------(本戦出場)
=2:勝点16 イタリア(+11)
------------------(プレーオフ)
=3:勝点12 アルバニア(+1)
=4:勝点9 イスラエル(-4)
=5:勝点6 マケドニア(-4)
=6:勝点0 リヒテンシュタイン(-25)

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
12試合 8勝2分2敗

戦績ログ

×「イタリア×フランス(2016/09/01)」

〇「イスラエル×イタリア(2018年W杯予選・1節)」

△「イタリア×スペイン(2018年W杯予選・2節)」

〇「マケドニア×イタリア(2018年W杯予選・3節)」

〇「リヒテンシュタイン×イタリア(2018年W杯予選・4節)」

△「イタリア×ドイツ(2016/11/15)」

〇「イタリア×アルバニア(2018年W杯予選・5節)」

〇「オランダ×イタリア(2017/03/28)」

〇「イタリア×サンマリノ(2017/05/31」

〇「イタリア×ウルグアイ(2017/06/07)」

〇「イタリア×リヒテンシュタイン(2018年W杯予選・6節)」

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0