So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

イタリア×スウェーデン(2018年W杯 PO2nd leg) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:フロレンツィ(ローマ)
MF:ジョルジーニョ(ナポリ)
MF:パローロ(ラツィオ)
MF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
FW:ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)
FW:インモービレ(ラツィオ)

2017年11月10・13日 イタリア代表


Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

イタリア 0-0 スウェーデン
(2戦合計 0-1でスウェーデンが
ワールドカップ本大会出場)

イタリアの選手交代等
63分 ダルミアン+ガッビアディーニ
→エル・シャーラウィ+ベロッティ
76分 カンドレーヴァ→ベルナルデスキ

イタリアは1958年大会以来
60年ぶりに本大会出場を
逃す結果となりました。

早速「結果論」でアレコレ語られ
後日談でもっと色々な物が
出てくると思うので
「鉄は熱いうちに打て」
ではないですが
今現時点で思った事を
さっと書くに留めます。

まず「世代交代」問題
負けてから即ベテラン偏重が
叫ばれていますが

GKが39歳のジャンルイジ
(ブッフォン・ユヴェントス)
ではなく18歳のジャンルイジ
(ドンナルンマ・ミラン)

DF36歳バルザーリ(ユヴェントス)が
(今回の代表には招集されていませんが)
21歳ロマニョーリ(ミラン)だったり

MF34歳デ・ロッシ(ローマ)が
19歳ロカテッリ(ミラン)だったら
あっさり「経験不足」の一言で
終わってしまうと思いますので
大声出して騒ぐこともないかと。

こんな素人ブログでも
6連覇(7連覇挑戦中)の
ユヴェントスがCL決勝で
バルセロナやレアル・マドリードに
完敗してしまうことを
代表チームでもイタリアが
スペインに勝てないと結びつけて
結果論で語ることができますし

バルサに叩きのめされた
14-15シーズンファイナルから
これからは基礎能力が低い
クラブ・代表は苦戦するという
兆候を示唆したりしましたが

いずれにしろ結果が
出てからじゃないと
次に以降しづらいのは
サッカーに限らないので
この予選敗退から
どう変わっていくか?が
問題だと思います。

昨今のサッカーを見て思うのは
戦術が画一され、スウェーデンの
高さ・固さみたいな武器を
イタリア(その他の国)も備えることが
必要なのでは?ということでした。

日本では60年(還暦)という
干支が一周し生まれ変わる
みたいな慣わしがあるので
この機会に生まれ変わった
Azzurri(イタリア代表)を
見せてくれたらなと思います。

約四半世紀の間に
地元開催で3位(1990)
PK戦で敗北し準優勝(1994)
POで勝利し本大会出場(1998)
PK戦で勝利し優勝(2006)
POで敗退し本大会不出場(2018)

ワールドカップの喜怒哀楽を
全てを見せてくれた
イタリア代表が世界中の
サッカーファンを魅了するのは
必然だと思いますし
本大会に出場出来ず
見られないのが残念です。

最近は、ながら見・寝落ち・
録画・再放送補完が
当たり前になってきていたので
この機会に肩の力を抜いて
サッカーを見るスタイルに
切り替えようと思います。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
17試合 10勝4分3敗

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

スウェーデン×イタリア(2018年W杯 PO1st leg) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアのスタメン
GK:ブッフォン(ユヴェントス)(C)
DF:バルザーリ(ユヴェントス)
DF:ボヌッチ(ミラン)
DF:キエッリーニ(ユヴェントス)
MF:カンドレーヴァ(インテル)
MF:パローロ(ラツィオ)
MF:デ・ロッシ(ローマ)
MF:ヴェッラッティ(PSG/仏)
MF:ダルミアン(マンチェスター・U/英)
FW:ベロッティ(トリノ)
FW:インモービレ(ラツィオ)

2017年11月10・13日 イタリア代表


Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel

スウェーデン 1-0 イタリア
1-0 61分 ヨハンソン(スウェーデン)

イタリアの選手交代等
65分 ベロッティ→エデル
76分 ヴェッラッティ→インシーニェ

のんべんだらりん見ている
外野の目線だとDF陣の
意思疎通が希薄に
なっていると感じる
不安材料に加え

大一番に馳せ参じたザザが
怪我に見舞われ、病み上がりの
ベロッティに命運を託すしかなく
攻撃陣まで懸念を抱えた
結果だと思い込んでいましたが

現場レベルの目線は
全く別の所を見ていて
最近の商業化・エンタメ化で
すっかり抜け落ちていた
泡沫ライター受け売りの
「サッカーは武器をボール
に置き換えた戦争」
「アウェイの洗礼」みたいな
死語になりつつあるフレーズが

勝てば天国負ければ地獄の
ワールカップ出場が掛かった
大一番では当たり前のように
定着しているという現実でした。

日本時間14日(AM4:45KO)の
ホームは会場がミランとインテルが
根城にしているサンシーロなので
ここで逆転の出場決定をし
歓喜のシーンを見せて
欲しいと思います。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
16試合 10勝3分3敗

【お詫びと訂正】
長年自分の記憶が
間違っていたことを
実況下田氏によって
再確認しました。

1997年PO(1998年W杯)
イタリア×ロシア
アウェイ・モスクワ
ボボ・ヴィエリのゴールと
ジジ・ブッフォンの代表デビュー戦
1-1の引き分け

ホーム・ナポリ
カジラギのゴールで
ウノゼロ(1-0)勝利
本大会出場権獲得。

NHK-BSなどで放送していた
フットボールムンディアルの
ダイジェスト映像とナレーションを
見聞きした記憶がどこかで
混同し20年近く間違った
認識をしておりました。

戦績ログ

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

17-18 セリエA 12節の結果と順位 [セリエA(SerieA)]

2017-18セリエA参加クラブ
(昨シーズン順位で記載)
01:JUVENTUS(ユヴェントス)
02:ROMA(ローマ)
03:NAPOLI(ナポリ)
04:ATALANTA(アタランタ)
05:LAZIO(ラツィオ)
06:MILAN(ミラン)
07:INTER(インテル)
08:FIORENTINA(フィオレンティーナ)
09:TORINO(トリノ)
10:SAMPDORIA(サンプドリア)
11:CAGLIARI(カリアリ)
12:SASSUOLO(サッスオーロ)
13:UDINESE(ウディネーゼ)
14:BOLOGNA(ボローニャ)
15:CHIEVO VERONA(キエーヴォ・ヴェローナ)
16:GENOA(ジェノア)
17:CROTONE(クロトーネ)
18:■SPAL(スパル)
19:■HELLAS VERONA(エラス・ヴェローナ)
20:■BENEVENTO(ベネヴェント)
(■セリエBからの昇格組)

17-18 セリエA 12節の結果

ボローニャ 2-3 クロトーネ

ジェノア 0-2 サンプドリア

インテル 1-1 トリノ

カリアリ 2-1 ヴェローナ

キエーヴォ 0-0 ナポリ

フィオレンティーナ 2-4 ローマ

ユヴェントス 2-1 ベネヴェント

ラツィオ(延期)ウディネーゼ

アタランタ 1-1 SPAL

サッスオーロ 0-2 ミラン

【Topics】
安心のミラン脱藩浪人
(元所属)ブランド
ラツィオ×ウディネーゼ戦は
雷雨・大雨のため延期


イタリア・セリエA 2017-18
第12節終了時順位
=01:勝点32 ナポリ
↑02:勝点31 ユヴェントス
↓03:勝点30 インテル
=04:勝点28 ラツィオ*
--------------------【CL】
=05:勝点27 ローマ*
--------------------【EL】
=06:勝点23 サンプドリア*
↑07:勝点19 ミラン
↑08:勝点17 トリノ
↓09:勝点16 フィオレンティーナ
=10:勝点16 アタランタ

=11:勝点16 キエーヴォ
=12:勝点14 ボローニャ
=13:勝点12 ウディネーゼ*
=14:勝点12 カリアリ
=15:勝点12 クロトーネ
=16:勝点9 SPAL
=17:勝点8 サッスオーロ
--------------------【降格】
=18:勝点6 ジェノア
=19:勝点6 ヴェローナ
=20:勝点0 ベネヴェント

*は1試合未消化

次節(13節)対戦予定
ローマ×ラツィオ
ナポリ×ミラン
クロトーネ×ジェノア
ベネヴェント×サッスオーロ
サンプドリア×ユヴェントス
SPAL×フィオレンティーナ
トリノ×キエーヴォ
ウディネーゼ×カリアリ
インテル×アタランタ
ヴェローナ×ボローニャ

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッスオーロ×ミラン(17-18 第12節) [AC MILAN(ミラン)]

W杯優勝主将の兄ファビオの背中を
追いかけてきたパオロ・カンナヴァーロが
サッスオーロの選手として通算
100試合出場のメモリアルゲーム。

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ
DF:サパタ
DF:ボヌッチ(C)
DF:ロマニョーリ
WB:カラブリア
MF:ケシエ
MF:チャルハノール
MF:モントリーヴォ
WB:ボリーニ
FW:スソ
FW:カリニッチ



前半

後半
サッスオーロ 0-2 ミラン
0-1 40分 ロマニョーリ
0-2 67分 スソ

ミランの選手交代等
13分 カラブリア(負傷)
→アバーテ
64分 チャルハノール
→ロカテッリ
83分 ボリーニ
→アントネッリ

【公式DJ】
AC Milan Official
You Tube Channel

ゴールになったセットプレーと
スソの個人技
これが単発で終わらず
ミランの攻撃オプションとして
昇華されることが理想です。

ミランキラー・ベラルディ
不在とは言え降格圏
一歩手前の17位サッスオーロは
ミラン以上に覇気が無く
監督の首の皮が寒くなるのも
納得の結果だと思いました。

Forza!!! Milan
(頑張れ!!!ミラン)

ACミランの2017-18
シーズン成績
12試合 6勝1分5敗 勝点19

「2017-18 ミランセリエA全日程」

【News&Topics】

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

2017年11月10・13日 イタリア代表 [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

イタリアサッカー連盟(FIGC)は4日、
2018 FIFAワールドカップロシア 
欧州予選プレーオフに臨む
イタリア代表メンバー27名を発表した。
W杯本大会出場を懸け、
10日にアウェイ、13日に
ホームでスウェーデンとの決戦に挑む

▼GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
マッティア・ペリン(ジェノア)

▼DF
ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U/英)
ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)
レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ)
ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー/英)

▼MF
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
ロベルト・ガリャルディーニ(インテル)
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
マルコ・パローロ(ラツィオ)
ジョルジーニョ(ナポリ)
マルコ・ヴェッラッティ(パリ・SG/仏)

▼FW
アンドレア・ベロッティ(トリノ)
エデル(インテル)
マノロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン/英)
チーロ・インモービレ(ラツィオ)
シモーネ・ザザ(バレンシア/西)

内訳
5:ユヴェントス
5:国外
4:インテル
3:ローマ
2:ミラン
2:ナポリ
2:ラツィオ
1:ジェノア
1:フィオレンティーナ
1:アタランタ
1:トリノ

泣いても笑ってもこの2戦で
4年に1度のワールドカップに
出場出来るか?否か?が決まります。

怪我でPO出場が危ぶまれた
ベロッティが間に合ったものの
好調・インモービレへのマークが
厳しくなることに変わりが無い中

EUROの戦犯として国を追われ
異国の地でバロンドーラー・メッシに
次ぐ得点ランキング2位の実績を残し
この大一番に馳せ参じたザザ

先日、インテルとの4年契約を
新たに結んだ個人的PO
キーパーソンのエデル

恐らく10番をつけるだろう
ヴェッラッティが復帰し
ローマ勢を中心とする
中盤と攻撃陣は準備が
整いつつあるので

後はボヌッチがミランへ移籍後
袂を分かち連係の乱れが
見え隠れするユーヴェ6連覇の
「LE6END」を要するDF陣が
ゴール前にしっかり鍵を掛けることが
できればMissionComplete
できると思っています。

Forza!!! Azzurri
(頑張れイタリア代表)

ヴェントゥーラAzzurriの成績
15試合 10勝3分2敗

戦績ログ

続きを読む


タグ:azzurri
nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -